膝の痛み・ヘルニア専門

広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-576-4889

股関節の痛み・変形性股関節

股関節の痛み

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

ドクターからの推薦の声
人数限定お試しキャンペーン 毎月着月10名様限定2,980円 2回目以降からは6,000円
この股関節の痛みは何処へいっても
良くならない・・・
藁にもすがりたい思いのあなたに伝えたいことがあります

もう大丈夫!
期待して以下をお読みください。

以下の悩みでしたら当院で解決できます

  • 長時間歩いていると股関節が痛む
  • 靴下を履くのも一苦労
  • 脚がだんだん開かなくなってきている
  • 寝ている時も股関節がズキズキする
  • 痛み止めを飲んでいるが効果がない
  • 人工関節の手術をするしか無いと言われたが手術だけはしたくない

股関節の痛みが他で良くならない理由

股関節周辺の筋肉の緊張や、腰痛、坐骨神経痛、股関節の軟骨のすり減りが、主な原因になります。
片足に重心をかけすぎたり、膝の痛みや骨格の歪み、O脚が関連し股関節痛を引き起こすこともあります。

 

そういった症状に対してではなぜ腰痛が起きるのか?なぜ股関節の軟骨がすり減るのか?
なぜ変形してしまうのか?といった整形や整体が出した判断に対しての説明がないからです。

素人である利用者さんが専門家の力無くして、自力で良くすることができるわけがない。
苦渋の策としてテレビで見たとか友達に聞いたとか、youtubeで検索したという根拠もない方法を試してダメで自信を失っていくのです。

事実に基づいた納得のできる説明というのが絶対必要になってくるのです。

一般的な変形性股関節症の原因

股関節とはお椀の形をした受け皿の様な臼蓋(きゅうがい)と呼ばれる骨盤にあり、ボールの形をした骨頭(太ももの骨)がはまりこむ構造になっています。
正常な股関節のレントゲン写真では、太ももの骨の先端を骨盤の受け皿が8割包んでいる構造になっています。

股関節は球関節(きゅうかんせつ)と呼ばれています。

股関節は足と骨盤を繋ぐ関節で、体の体重を支える関節として重要な関節の一つです。

強力な靭帯や多くの筋肉により包まれているため、立つ・歩く・走ると いった動作を安定して行うことができ、この様な動作の軸となる関節です。

普段の日常生活では知らないうちに股関節に非常に高い圧力が生じています。歩行時に股関節には体重の3倍の圧力が加わり床や低い位置からの立ち上がりでは10倍の力が股関節にかかるので、この大きな圧力を分散させて関節を保護するためにこの安定した構造が必要となるのです。

股関節の病気やスポーツなどでケガをすると体重を支える安定性がなくなるため、歩行や靴下の着脱・足の爪きり・車の乗り降り・物の上げ下げ・階段昇降といった幅広い日常生活動作が制限されてしまいます。
股関節症の主な訴えは、股関節の痛みと日常生活への支障があります。

股関節は脚の付け根にあるので、最初は椅子から立ち上がる時や歩き始めの動作で脚の付け根に痛みを感じる方が多いです。

股関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては夜に痛みが出現し眠れなくなることもあります。

日常生活では、足の爪切りや靴下が履く動作や、和式トイレ使用や正座が困難になります。

また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事など家事に支障を来たします。

痛みがある方の大半は病院ではレントゲン撮影によって股関節の状態を確認します。

レントゲンで確認すると股関節の丸い部分が骨盤の受け皿のところにめり込んで見えます、これは軟骨がすり減っている時にみられる現象です。

病院では軟骨がすり減っていることで股関節に痛みが生じていると判断しますが、股関節には痛みを感じる神経が無いという事実は病院では語られることもないです。利用者様も股関節がすり減っているから痛い、という認識を持っている方がほとんどです。

当院での改善法

病院での施術法としては痛みをコントロールする「保存施術」と骨を切り人工関節を入れる「手術」があります。

保存施術には体重のコントロールするためのダイエットや杖で体重が股関節にかからない様にする練習や股関節周りの筋力訓練やストレッチ、プールでの水中運動、股関節部に電気や温めたりする理学施術、痛み止めを処方する薬の服用などがあります。

手術は骨頭が変形をしていない場合であれば、人工関節を入れずに骨を切って形が合う様にしていきます。

関節内は無菌状態で細菌の感染をしやすいので手術後の合併症で病原菌により膿んでしまうことがあります。

もちろん手術の際は万全を期しているので可能性は少ないのですが、傷口が硬くなったり、足が腫れたりする方もいますので、術後のリハビリはしっかりと取り組む必要があります。

ただし、変形性股関節症の手術をした方の中には、手術後も思ったように症状が改善しない方や、1〜2年は症状が回復したように見えて、また同じような症状が再発された方や、手術の経過が思わしくなく手術前よりも症状が悪化し杖を手放せなくなるなど、手術のあとも再発や症状が悪化するケースが後を絶たないケースもあります。

手術をしたとしても、痛みが改善されず、根本改善できない人も後を絶たないのが、変形性股関節症の手術の怖い所で、手術をするかどうか悩まれる方が多いのも現状です。

 

手術をしても、このような症状をぶり返すなら、そもそも手術をする意味が無いと思いませんか?

当院では、手術を勧められたような状態の方も、歩けるようになるどころか、痛める前の状態よりもさらによくなり、小走りや運動もできるようになった人が多数いらっしゃいます。

当院では、軟骨のすり減りや変形した股関節を原因と考える対処施術しか、最終的には手術しか行き場が無いやり方には、大きな疑問を感じています。

そもそも、何故、股関節症になるのでしょうか?その本当の原因を考えたことはありますか?

まだ、あなたの変形性股関節症の改善を諦めたくない、という方は、このページを最後まで見て頂き、もし当院の施術に共感できるのであれば、ぜひ当院へお問い合わせください。あなたのその症状を根本改善へ導きます。

 

そもそも、なぜ痛めたのか明確な理由がわかっていないから根本改善しない

変形性股関節症は、股関節以外の所に、その症状が発生した本当の原因があることがほとんどなのをご存じですか?

実は、変形性股関節症のほとんどが、日々の生活習慣や体の使い方、姿勢の悪さからくる生活習が根本的な原因なのです。

長年股関節に負担をかけている生活を続けていくうちに、股関節に違和感が出始め、そのうち歩く度に激痛が走るようになる。

その根本原因を見つけて改善しない限りは根本改善しません。

当院では、変形性股関節症で手術が必要と判断される多くの方が来院されますが、当院の根本の原因を改善する施術によって、手術をしなくても痛みが少なくなり、日常生活に支障ない状態を維持されるまでに根本改善されています。

当院では、整形外科や他の整体院では見抜けなかったあなたの股関節の痛みの根本原因を見抜き、その根本原因を取り除くことができるので、どこに行っても改善しなかった変形性股関節症が改善していきます。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

利用者様の声をお聞きください。
利用者様が証人です。

騙されていませんか?整形外科の股関節施術5つの嘘

1、ブロック注射やステロイド系の投薬で改善する?

これだけでは改善しません。

激しい痛みが出ている場合には、ブロック注射やステロイド系の投薬によって、一時的に股関節の炎症を抑える効果はありますが、痛みを抑えるだけで、そもそも股関節に痛みが出る根本原因があるはずです。

痛みが一時的に取れても、その原因が取り除けない限り、また股関節はダメージを受け続けます。

変形性股関節症の根本的な原因となるのは、普段の歩行や生活の動作の中で股関節に過度な負担がかかっていることが原因です。

股関節には痛みを感じる神経はありません。だから、股関節自体がすり減っていたとしても、痛みは感じないはずなのです。

その痛みは、股関節がすり減るほどに負担がかかっている、股関節周辺の深層筋が痛みの発生源なのですが、みなさんはすり減った股関節の痛みと勘違いして痛み止めや投薬を続けます。治る訳がありません。

一時的に痛みは取れたとしても、股関節の軟骨がすり減るまで負担をかけた、そもそもの体の使い方は変えなくてもいいのですか?

まず、股関節の軟骨に負担のかからない体の使い方をしていかなくてはいけません。

そうでないと、一時的な軟骨の炎症や痛みに効果が出たとしても、またすぐにその軟骨をすり減らしてしまいます。

もう、この悪循環は断ち切りませんか?整形外科の先生も、そもそも良くしようと思って投薬や注射をしていないと思います。

このことを頭に入れておいてください。

2、股関節の痛みは加齢からきている?

これももちろん、間違いです。
よくお医者さんがこう言われるそうですね。
「〇〇さん、この股関節の痛みは加齢によるものですね。」

考えてみてください。
あなたと同じ年齢でも股関節に痛みなく元気に歩いてる方いませんか?
同じ年齢なのに・・・
自分より年齢が上でも痛くない人もいると思います。
同じように加齢していきますが、右だけが痛かったりと偏りもみられますよね?
同じタイミングで両方が痛みましたか?そんなことはないと思います。
では、なんででしょう?

結論、関係ないからです。
あなたも薄々感じていますよね。
だって、みんなに当てはまらないんだから。

いつまで加齢のせいにして、自分の大切な股関節を痛めつけますか?

3、股関節の痛みは体重増加からきている?

これももちろん、間違いです。
よくお医者さんがこう言われるそうです。
「〇〇さん、この股関節の痛みは体重増加によるものですね。」
考えてみてください。
あなたと同じぐらいの体重の方でも股関節に痛みなく元気に歩いてる方いませんか?

自分より明らかに体重が多い人でも痛くない人もいますよね?
うちの利用者さんでもいます。100キロ以上余裕であった様な方ですが痛いのは右の股関節だけなんです。

左の股関節にも負担はかかってるはずなのに・・・

なんででしょうか?

直接は関係ないからです。
それと股関節の痛みを治すために病院に行ったのに「痩せてください」っていう答えは求めてないですよね。

でも、間接的には負担をかけてしまうので股関節が良くなったら体重減らしていきましょうね。

それもお手伝いします。

4、軟骨がすり減ったらもう良くならない?

軟骨、関係ありません。

同い年で軟骨がすり減ってる人はたくさんいると思います。その人たちはなぜ痛くないのか?考えたことはありませんか?

次第に痛みは強くなっていったと思いますが、軟骨のすり減り具合も強くなっていってますか?おそらくそんなに変化はないと思います。

そして関節の炎症を抑える投薬や注射をしても結局は良くなりません。

関係ないからです。

まだ、軟骨のせいだと騙され続けますか?
当院ではたくさんの人が良くなっていってますよ。

5、筋力低下によって股関節の痛みが出ている?

そんなことはありません。

よく整形外科や整骨院でゴムチューブ使って太ももの筋力トレーニングを指示されますよね。

靱帯が切れているとか動揺性(グラつき)がある方には有効ですがその他多くの利用者様には当てはまらないです。

股関節の周辺筋肉の使いすぎによってそのストレスが積もり積もって痛みにつながるケースが多いんです。
筋肉使いすぎでストレスが溜まっている状態でさらに筋力トレーニングするとどうなるか?

悪くなる可能性が高いです。
良くなる術を知らないから良くならない方が非常に多いです。

痛み止め湿布には本当に効果があるのか?

湿布には痛み止めの成分が入っていていますが、病院で処方される医療用の湿布には鎮痛成分の経皮吸収剤が多く含まれています。その鎮痛成分が皮膚から吸収され血液の中に入り全身に回ります。

その中にインドメタシンと言われる有名な成分があります、インドメタシンは胃腸の粘膜を薄くさせてしまう副作用があるため胃が痛くなる方も多く、痛み止めの飲み薬と一緒に胃腸薬も出されるケースが多いです。

また痛み止めは肝臓で解毒をするため、長期間の使用は肝臓にも負担をかけることが知られていて、アスピリンという成分によるアレルギーにより喘息、皮膚がかぶれるなどという副作用もあります。

湿布だからと気軽に長期的に使用される方も多いですが、長期間に渡って使用すると体の思わぬ所に負担がかかってしまいますので、痛みが強い急性期だけ使う様にしましょう。

変形性股関節症は、手術をしなくてもしっかり根本改善が可能な症状です。だから、諦めないでください。

上記のような改善指導を受けても改善しなかったあなた。あなたのその変形性股関節症の原因は、根本的な原因が必ずあります。

痛くなった原因から施術しないとまた傷んでしまうと思いませんか?

私はそこから施術するのに長けています。

根本的な要因がわかれば、しっかりと原因となる箇所を調整し、根本的な改善へと施術していきます。自宅でのセルフケアなどもアドバイスしますので、あなたの股関節の痛みを一緒に改善していきましょう。

からだラボ 広島整体院では、変形性股関節症の症状がどこから来ているのかを見抜き改善していきます。変形性股関節症の専門の整骨院として、本当の原因を探り根本改善へと導きます。そのプロの施術と手技を体感してください。

広島に限らず、他県からも多くの方が通って頂き、多くの方が「こんな簡単に本当に痛みが消えて元の生活が送れる!」と喜んで頂いています。

お電話を頂けると確実にご予約することができます

080-4559-1034

当院施術技術が評判!全国の先生が私の施術を学んでいます!
多くの施術家さんの要望に応えてDVD・書籍で全国リリース!

広島整体院までのアクセスです!

当院についてさらに見る

営業時間

医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院は「当日予約OK予約優先」です。
時間祝日
AM09:00〜PM21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休
土日祝も営業しています!

アクセス

店舗名
医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院
代表
久保田 大貴(くぼた ひろき)
住所
〒732-0052  広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階
電話・FAX番号

TEL:082-576-4889

アクセス
広島駅 新幹線口から徒歩6分
アクセスマップ

PAGE TOP