膝の痛み・ヘルニア専門

広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-576-4889

半月板の損傷

半月板の損傷
ドクターからの推薦の声
人数限定お試しキャンペーン 毎月着月10名様限定2,980円 2回目以降からは8,000円
半月板施術の新常識。
半月板や膝の軟骨が損傷しても
痛みは生じないという事実をご存じですか?
半月板の損傷 MRI画像
半月板の損傷 MRI画像

次にこちらのレントゲン写真をご覧ください。整形外科で「変形性膝関節症」と判断され、当院に来院頂いた72歳の女性の利用者様からお借りしたレントゲン写真です。

整形外科では「軟骨がすり減り痛みが出ているのでヒアルロン酸注射を打ちましょう」と判断され、半年以上も続けられましたが、全く改善しない為に当院に来院されました。

来院当初は膝の痛みを訴えて、膝がほとんど曲がらない状態でしたが、当院の根本改善の施術を2ヶ月続け、全く痛みが無い状態にまで回復され、膝を痛める前の正常な状態に戻り、歩くことも軽い運動もこなせるまでに回復されています。

この画像も、当院に来院される前の画像ではなく、当院の根本改善施術を受けた後に完全に痛みが消失した状態で、再度撮影した時の画像です。痛みが無く正常な状態にまで膝が回復されたあとも、やはり整形外科では「変形性膝関節症」と判断されたとのことでした。

痛みが無くなったあとも、このように軟骨の状態はすり減ったままです。でもこの方は全く痛みが無くなっています。

軟骨がすり減っていたとしても、
実は軟骨自体には
痛みが出ることはないのです。
半月板損傷は手術なしでも根本改善できる
諦めないでください!
なかなかよくならない痛みには、痛みの原因を突き止め根本改善・治療を!
人数限定お試しキャンペーン 毎月着月10名様限定2,980円 2回目以降からは8,000円

あなたが最後のわずかな可能性にかけてまで
半月板損傷を手術なしで改善してくれる整体院を
探しているならすぐに当院へお越しください

当院ならあなたを救う施術があります。もう一人で悩む必要はありません。当院は以下のような方のため【だけ】の整体院です

  • 年々膝の痛みが積み重なり気づいたらこの状態になっていた
  • 水抜きやヒアルロン酸注射をしているが改善しない
  • 年齢のせいですね、と病院で言われた
  • 病院では先生がコロコロ代わり、人によって言うことが違うので何を信じたら良いか分からない
  • 半月板損傷と言われて治る事を諦めている
  • 日常生活にも支障が出て今後が不安
  • このまま車椅子生活になってしまうのかと不安で仕方がない
  • ひどい症状で断られると思い不安で電話予約できない

このような症状で悩まれているなら、当院にあなたを救う施術があります。

これから、あなたたの膝を根本改善に導く為に必要な「本当の膝施術」についてお伝えします。

病院や整骨院、整体院など、色々な所をまわっても一向に改善しない。そのような辛い思いを何度繰り返してきたでしょう?

あなたが今まで抱えてきたその膝の辛い痛み。今まであなたはどのような施術をしてきたでしょうか?

以下のような施術を続けられて来た方が多いのではないでしょうか。

  • 最初は病院に行ってレントゲンを撮影したが「骨には異常なし」
  • だけれども、痛みは消えない。
  • 骨に異常が無いのに、なぜ?
  • ヒアルロン酸注射で痛みを抑えましょう
  • すぐには良くなりませんが徐々に良くなっていく「ハズ」と病院で言われる
  • だけれども、何ヶ月経っても膝の痛みは消えない
  • 水も溜まって、何度も水を抜くが、すぐに水が溜まる
  • 病院の施術に対する不信感が生まれる
  • 膝の施術で良さそうな所を探し、整骨院や整体にも通う
  • 何ヶ月かは通うが、痛みが消えることはなかった
  • その間にも膝が曲がらなくなりどんどん悪化
  • 「運動してください」「体重を落としましょう」「筋肉を付けましょう」
  • できたらそうしたいが、できないから困っているの
  • 誰もわかってくれない
  • 半月板が損傷して軟骨もすり減ってますね、と言われ手術を勧められる

こうして、あなたの膝はさらに悪化の一途をたどり、気づいたら歩くのもままならない状態に。

今までどれだけ苦労を重ね、膝を改善しようと試み、何度となく期待を裏切られ続けたあなたの気持ちが痛いほどわかります。

もう、治すことを諦めかけているかもしれません。

でもなぜ、どこもあなたの膝を治せなかったのでしょうか?

それには、明確な理由があります。

実は、あなたが今まで病院や整骨院で言われ続けてきたような、体重や加齢、筋力や軟骨などの問題ではありません。あなたが悪い訳では決してありません。今までの一般的な半月板損傷の施術や膝の施術は、実は全く医学的根拠から外れた間違った施術法だったのです。

半月板の損傷があっても全く痛みなく生活できます

半月板損傷の判断で見落とされ続けてきた本当の痛みの原因とは

半月板損傷の診断で見落とされ続けてきた本当の痛みの原因とは

膝の関節の中にある半月板や軟骨には、実は痛みを感じる神経が通っていません。半月板や軟骨の損傷自体では痛みが生じないのというのは、医学書でも述べられている事実です。

では、半月板損傷や膝の軟骨がすりへった状態で痛みが出る症状を訴える方は、何が痛みの原因なのでしょうか?

ラグビーやサッカーなど激しいスポーツでのケガや、マラソンで長時間膝を酷使するようなスポーツでも半月板損傷は起こります。

この場合は、膝に激しいショックが与えられ、物理的に膝の中の十字靱帯の断裂や損傷が出ている場合です。この場合は十字靱帯の損傷による半月板損傷の傷みが出ます。

では、40代以降の方、慢性的な膝の痛みを抱えている高齢の方に見られる半月板損傷も、直接的な靱帯へのダメージが出ているのかというと、それは違います。

慢性の膝の痛みを抱えている方よく見られる半月板損傷は、外傷による靱帯の損傷などが無いので、本来は半月板や軟骨の摩耗や損傷が見られても痛みが出ないのです。

高齢者に見られる半月板損傷の痛みは、スポーツ等の外傷を伴う半月板損傷の痛みとは原因が異なります。

半月板損傷と一言でいっても、実は半月板の損傷のには種類があり、その損傷の種類により施術法の選択が変わってきます。

「半月板損傷の種類と痛みの原因の違い」について理解してもらには、もう少し詳しく半月板損傷の症状種類を詳しくご説明する必要があります。

半月板損傷の種類と痛みの原因について

正常な状態の半月板

正常な半月板

これは、正常な状態の半月板を真上から見た状態です。

半月板は主に水(滑液=膝を痛めた人が膝に溜まる水です)とコラーゲンでできており、成分として

水分:70%
コラーゲン:20%(ヒアルロン酸、グルコサミン、アンドロイチンなどそれぞれ3~4%)

という成分で形成されている軟骨組織です。
主に股関節を安定させ、体重のショックを和らげる体のクッションの役割を果たしています。何度もお伝えしていますが、この半月板組織自体には、痛みを感じる神経は通っていないので、半月板や軟骨の損傷自体では、痛みが発生することはありません。

スポーツ等の激しいショックによる外傷が原因の半月板損傷

スポーツ等の激しいショックによる外傷が原因の半月板損傷

慢性膝痛からくる、外傷を伴わない半月板損傷「変形断裂」

慢性の膝の痛みが原因で起こる「変性断裂」

こちらは慢性の膝の痛みが原因で起こる「変性断裂」による半月板の損傷です。特に40歳以降の方から良く見られる損傷で、外傷による断裂と異なり、綺麗な断裂が起こるのではなく、バラバラと半月板がささくれるように損傷していくのが特徴です。

慢性的に長い間膝の痛みを抱えている方がこの変性断裂を起こすのですが、この断裂は他の断裂とは違い、明確な外傷を伴わず、半月板が摩耗するように断裂を起こしていきます。

この変性断裂は、外傷が伴わない半月板損傷です。変性断裂の場合は、半月板の損傷自体には痛みが無いものとして、他の半月板損傷とは痛みの原因が全く違ってきます。

見落とされてきた慢性膝痛が原因の「変性断裂による半月板損傷の痛みの原因」

40代以降の方の中で、スポーツもしていないのに膝が痛くなった、あるいは思い当たる節がないのに膝が痛くなり、病院に行くと「半月板損傷」と判断されるケースがあります。

このケースの場合、外傷のきっかけの無い半月板の損傷「変性断裂の半月板損傷」がまず疑われます。このケースの場合、半月板の損傷と判断されても、半月板や膝の関節そのものには痛みが無いと考えるべきです。

現代医学では半月板の損傷や軟骨のすり減り自体では痛みが無いと考えられていますので、医学的な根拠から考えると変性断裂による半月板損傷の場合は、膝関節以外に痛みがあると考えるのが普通です。

変性断裂による半月板損傷の場合、痛みの要因として考えられる原因は、半月板が変性するほど負担をかけている膝周辺の筋肉や、腱、靱帯の損傷が原因です。

日々の生活の中で膝にストレスがかかり、慢性的な膝の負担から半月板をジワジワと変性させているのです。半月板を変性させるほどの負担を日常的に膝に抱えているのであれば、膝の周囲の筋肉や関節への負担、腱や靱帯、骨盤周辺のインナーマッスルなど、下半身周辺の筋肉への負担はかなり大きいことは間違いないでしょう。

このように、変性断裂による半月板損傷は、痛みの根本原因が膝以外の場所にあると考え、その原因を探り施術していく必要があります。これが当院の方針です。

根本原因を見極めることが、変性断裂の症状による痛みを解決させる為の根本施術の考え方です。

しかし、一般的な医療機関では、慢性的な膝の痛みからくる変性断裂の半月板損傷の場合でも根本原因はみず、外傷を伴う他の半月板損傷と同じように、鎮痛剤の投薬や、ヒアルロン酸注射、水が溜まれば水を抜くといった、患部とその症状を一時的に改善させる処置しかしないのが現実です。

病院では、筋肉の状態や体のバランス、膝の長年のストレスの根本原因は判断できません。だから、半月板の損傷だけでは痛みが生じないとわかっていながら、変性断裂による半月板損傷の場合も「半月板の損傷が痛みの原因」として判断されてきました。

半月板損傷の中でも、変性断裂の半月板損傷だけは、医学的な根拠を全く無視した判断が行われ、根本原因である痛みの原因は見落とされ、一時的に症状を緩和する投薬や注射しか行われませんでした。

慢性膝痛からくる変性断裂による半月板損傷の痛みの本当の原因が長年見落とされ続け、どんなに施術を続けても改善しなかった理由です。

このような説明が今までの中でされていれば、あなたの膝の痛みはもう少し早く根本的な施術に取り組めたことでしょう。残念ですがこれが日本での半月板損傷施術の現実です。

半月板組織は一度損傷すると再生しないとわかっていながら、投薬やヒアルロン酸注射を繰り返す機関の施術方針の謎

半月板損傷の診断で見落とされ続けてきた本当の痛みの原因とは

もう一度半月板組織を見てください。半月板組織は周囲に毛細血管がありますが、半月板の組織の内部にまでは血管が行き届いていません。

水分とコラーゲンが主な主成分である半月板の軟骨組織は「滑液」という水分に覆われている組織のため、半月板や軟骨には直接血液が行き渡っていない組織です。半月板の周囲にある毛細血管から滑液に栄養が放出され、滑液から間接的に栄養を吸収しているのが半月板の軟骨組織です。

直接血管から栄養を吸収している組織とは違い、治癒力が弱い組織である半月板は、一度損傷したら再生しにくい組織です。毛細血管が届いていない範囲の損傷は、再生しないとも言われています。

それなのに、なぜ一般的な医療機関では半月板の損傷を改善させる処置は行わず、投薬やヒアルロン酸注射、サプリメントなど一時的な症状に対する投薬を続けるのでしょうか?放っておいても改善しない組織に対して、痛み止めを出し続けても、一向に半月板組織が改善することはありませんよね。

考えれば考えるほど、変性断裂の半月板損傷に対する今までの方針には一貫性が無いということがわかってもらえると思います。

さらに、もう少し踏み込んで、日本の一般的な医療機関で行われている膝施術の非常識をお伝えします。

世の中の『膝施術』の9割は、膝を治していないという事実をお伝えします

膝痛

今まであなたが受けてきた膝の施術は、本当の意味で半月板損傷の施術をしていないということをあなたに知って欲しいのです。

世の中の慢性的な膝の痛みからくる「変性断裂」の半月板損傷の施術は、そのほとんどが「痛みを取る目的の対処的な一時的な対処」です。それは本来の意味の『膝を良くする為の施術』ではありません。

痛みを取る為のヒアルロン酸注射
痛みを取る為のリハビリ法
痛みを取る為のマッサージやストレッチ
グルコサミン、コンドロイチンなどのサプリメント
これらは全て、一時的な対処法です。そのときの痛みを緩和する目的で行われる施術ですが、一時的な痛みを取るだけでは、変性断裂を起こした根本的な原因は取り除けません。

このような一時的な対処を続ける限り、あなたの膝は治るはずはありません。

そして、今まで病院や整骨院で、『半月板の施術』と思い込み、間違った施術や指導法を信用してしまい、自分でも気づかないうちに「もうこの膝は治らないから・・・」と治す気力すら無くなっているのが、今のあなたの状態です。

痛みを取るだけでは、膝の状態が一時的に良くなるだけで、その効果がなくなればまた痛みが再発する。

事実、当院に来院される半数の方は、今のあなたのように、自分自身でも根本改善は諦めながら、最後の最後にわずかな望みだけを頼りに来院される方です。

あなたに私から、まずお伝えしたいことは、当院で本物の『半月板損傷の施術』を体験して頂ければ

まだ、

『諦めなくて大丈夫です、ご安心ください』

このホームページをご覧になり、当院をお知りになったあなたにも、根本改善した生活を取り戻して欲しいのです。

世間の9割は膝施術を「一時的な対処法」だけしかしていないという事実

膝痛

先ほどお伝えした通り、このヒアルロン酸注射は、痛みを一時的に緩和させるのが目的。あくまで一時的な対処法ですので、根本的な膝の痛みの原因を取り除く処置ではありません。

しかも、ヒアルロン酸注射も、実は全く効果が無いということは、海外では常識となっています。

米国の整形外科学会(AAOS)では、ヒアルロン酸の関節内注射は推奨されていないことは、日本ではあまり知られていません。米整形外科学会はヒアルロン酸注射に有効性が認められなかったと、正式に発表しています。

効いたと感じているのは「プラシーボ効果」だ、というのが、海外では常識となっているのです。

ヒアルロン酸注射は、何ヶ月続けようが、そのときだけの痛みは和らいでも、単なる一時しのぎ。その間も、あなたの膝は負担がかかり続け、実はどんどん悪化していくだけというのが、日本の整形外科的なアプローチによる膝施術の落とし穴です。

世の中の膝施術が、本来の根本改善とはかけ離れた根拠の無い一時的な対処法であることを、もう少し詳しくお伝えします。

水を抜いても根本改善には至らない

膝・膝関節症

膝に水が溜まり、定期的に水を抜くための注射を受けに通院されている方もいらっしゃると思います。

膝に水が溜まる原因は、膝の蓄積された負担からくる、関節の炎症が原因です。 本来、膝の水は関節を円滑に動かす潤滑油のような役割を持っています。

関節に炎症が続くと、その炎症を抑えようと水(滑液)が余計に出てしまいます。 本来、この水は関節に自然と吸収されていくものですが、炎症を抑えようと余計に出続ける為に、自然な吸収が追いつかずに膝にどんどん水が溜まっていくのです。 水を抜くと確かに、その時確かに楽になります。

膝を圧迫していた水がなくなり膝が動きやすくなりますが、水を抜くだけで膝が良くなる訳ではありません。

その間にも、あなたの膝の負担の根本原因を取り除かない限りは、膝に負担をかけ続け、時間の経過と共にさらに悪化が進みます。

体重や加齢、運動不足が原因?

ストレッチイメージ

今までの通院であなたは

「体重で負荷がかかっているので痩せましょう」と言われたことはありませんか?
痩せれば当然膝への負担は軽くなるのも事実です。しかし、体重が重い人でも膝を全く痛めていない方もいらっしゃいます。

「加齢なので仕方ないです」と言われたことも無いでしょうか?
これも全く膝の痛みとは関係がありません。お年寄りの方でも膝を全く痛めていない方もいらっしゃいます。

「運動不足なので運動してください」とも言われたかもしれません。
これも、膝の痛みには全く関係がありません。むしろ、あなたは筋肉の使いすぎなのです。

どうして筋肉の使い過ぎなのか? あなたは、膝の痛みをかばうように、足をひきずって歩いたり、前屈み傾向な姿勢で歩いていたりしていませんか?

実は膝の痛みをかばうような姿勢、その姿勢こそが、一番膝の周辺の筋肉に負担がかかってしまうのです。

あなたが今やるべきことは、痛いのを無理して筋力トレーニングをすることや、筋力アップの運動をすることではありません。

むしろ、かばうう動作をして無理に酷使している、膝周辺の筋肉のストレスを取ることをしなければいけません。

そして、医療機関での最終手段は「手術」になる

膝痛・膝関節症

症状が重くなった方は、最終的に手術を勧められた方もいらっしゃるかもしれません。

その上、『手術をしたとしても、痛みが取れるとは限らない』と病院で言われ、あなたは驚いたかもしれません。

なぜ手術をしても、根本解決しない可能性が残るのか。

それは、「膝の痛みを発生させた根本原因がわからない限り、また再発する可能性が髙い」ことを意味します。

また再発する可能性があり、手術では根本改善には至らないという意味で言っているのです。

その事を、病院の先生もわかっていながら、外科手術を勧めているから『痛みが取れるとは限らない』と言うしか無いのです。

これが、日本の一般的な医療機関での膝施術の限界です。

変性断裂による半月板の損傷と、その膝の痛みは、あなたの人生の時間をかけて、徐々に蓄積された普段の生活や動作の癖、身体的な歪みなどによる、長い年月をかけてきた負荷が膝の症状として現れているのが根本的な原因です。

当院では、そのような方の症状を圧倒的な手技と施術実績で必ず快方へ導くことができます。

あなたの半月板損傷の根本原因を取り除くことが、唯一の膝の根本改善に繋がる!広島の膝施術最後の砦と評判のからだラボ 広島整体院ならあなたを救う方法があります。

なぜからだラボ 広島整体院がここまでの自信と改善実績を誇るのか

5年ぶりに趣味の畑仕事ができるように!

レントゲンで部位だけを見て膝の状態を判断するだけでは、根本的な原因までは見えません。

当院の施術では、難治性の膝の変形性関節症や、人工関節を勧められるほどの人が、なぜ根本改善へ導く施術ができるのか、そのポイントを2つお伝えします。

その1:膝の根本改善に大切なこと、それは「なぜ膝に痛みが出るのか?」を知る所から

からだラボ 広島整体院 イメージ膝の痛みは、長年蓄積された膝に対する負荷が原因です。ただし、加齢や体重増加が根本原因ではありません。間接的な要因にはなりますが、根本原因を助長させている、という程度の問題です。

根本的な要因は、その人、一人ひとりの骨格の歪みや、歩行の癖、日常生活での動作、立ち仕事を長年経験されてきた方などの様々な要因が、膝に負担をかけ続け、膝のバランスが少しずつ崩れていきます。

特に、膝の関節は日常動作の中で、体重が乗る状態で一番動きが大きく動く部位でもあり、支える筋肉も一点に集中する部位ですので、負荷が一番かかる関節です。

バランスを欠いた膝は、さらに負担が高まり、痛みはどんどん増していきます。そして、その痛みをかばうような動作を取るようになると、さらに膝や周辺の部位にまで影響し、筋肉は硬直し、筋力が衰え、、どんどん膝に負担がかかるという、悪循環に陥ってしまいます。

痛みの原因は膝の関節ではなく、膝周辺の筋肉の疲労、異常なまでの硬直が本当の原因です。膝関節周辺の筋肉の硬直は、骨盤のインナーマッスルの筋肉にも影響し、当院に来院される膝の痛みを訴える人の9割は、股関節周辺の筋肉も異常な硬直が出ている状態になっています。

長年の動作のストレスが膝に蓄積し、痛みが出始め、その痛みを抑える為に、体は水(滑液)を過剰に出し始め、水が溜まり、その状態が続けば軟骨がすり減り、いずれ膝のクッションの役割である軟骨も無くなり、変形性膝関節症などの難治性の状態に陥ります。

たとえ、病院で人工関節の手術を勧められる位の状態でも、根本原因である体の負荷のバランスを施術で補正し、筋肉を元のストレスの無い状態に戻してあげれば、軟骨がすり減っている状態でも全く痛みが無い状態まで、痛みをコントロールすることが可能になります。以前と同じように歩行できるまでに根本改善することは可能なのです。

当院では、来院時には長い時間を取りカウンセリングをし、歩行テストなども実施しながら、生活習慣の把握、歩行時の体の使い方、普段の負荷のかかり具合、痛みが出るタイミング、痛みが和らぐタイミング、骨格のずれなどを把握し、綿密な検査を行います。

一人ひとりの根本的な原因を見抜いて筋肉の負荷の状態や、体全体の筋肉や骨格バランスからアプローチする施術は、外科的なアプローチではできない施術です。

東洋医学アプローチだからこそ、膝の痛みの根本原因にアプローチし、本当の『膝の施術』を当院では実施します。

その2:『治る』という希望を取り戻し、利用者様が前向きに施術に取り組める力を高める

5年間、坐骨神経痛により杖をついていたのが…当院のカウンセリングにより、根本原因を見抜けば、あとは治る為の施術に進みます。

ほとんどの利用者様が根本改善を諦めている状態ですので、まずは『治らない』という考えから『治るんだ』という希望を感じて頂くことで、患者様も前向きに施術に当たることができるようになるでしょう。

その気持ちがとても大切で、体は『治る』と感じれば、あなたの体本来の治癒力が上手に働くようになり、今まで曲がらなかった膝が少しずつ曲がるようになることを体験していくことになります。

そうなると、痛みがなかった以前の状態の体の使い方が取り戻せるようになり、さらに膝の負担となっている根本原因が消えていきます。

体重や加齢が根本原因ではないということが、ご理解頂けるかと思います。

これが、2つめの当院の圧倒的な改善率の理由です。

当院は「半月板の損傷や変形性膝関節症」など、膝の痛みの根本改善が得意な整体院です

当院の膝の根本改善で行う5つのチェックポイント

1.膝周辺の筋肉の状態をチェック

からだラボ 広島整体院 イメージ膝関節の周辺の筋肉を実際に触れ、膝の筋肉がどの程度硬直しているか筋肉の状態を把握します。

膝に硬直があると、触れた際に痛みが出ます。この場合は膝の筋肉の異常と判断します。正常な膝であれば、膝の筋肉や周辺の筋肉には硬直は見られません。

半月板の状態も、膝関節を中心に入念に検査をします。半月板損傷どこまで進んでいるのか?損傷していても、痛みをどこまでコントロールできるのか?という見立てまでできるよう徹底的に観察します。

2.膝の動きや股関節の動きなどの関節の可動域のチェック

筋膜イメージ膝関節周辺の筋肉に異常が見られる場合は、さらに股関節周りや骨盤周辺の筋肉、インナーマッスルや筋膜の状態をチェックします。

そして、膝や股関節の動きをチェックし、どこまで可動制限があるかを把握して、各関節がどの程度影響しあって膝の痛みを生じているのかを把握します。

カッサイメージ膝の痛みを発生させる要因のひとつに、筋肉を包む筋膜が歪んでいることで、膝に大きな負担をかけていることもあります。

特に膝に関係があるのが、骨盤周辺の筋膜です。骨盤周りは意識をしないと動かしにくいので筋膜の歪みが付いてしまいます。

膝に痛みがある方は、骨盤周りの歪みや柔軟性が落ちていることが当院の多くの変形性膝関節症の施術経験から見た、利用者様の根本原因のよくある特徴の一つです。

※これは、「かっさ」と呼ばれる筋膜施術で使用する器具で膝の裏の筋膜を整えている施術です。

3.膝の屈伸制限の確認

膝そのものがどの程度の屈伸ができるのかをチェックし、可動制限の状態を把握します。膝を曲げる時に支障がないかのチェックです。正座ができるようであればまだ状態は軽い方です。

正座ができない状態であれば、膝の曲げ伸ばしに制限がある状態、屈曲制限という状態ですので、しっかりと根本改善に向けた施術をしていかなくてはいけません。

膝の曲げ伸ばしがある程度できる状態の方でも、屈伸をして頂いてその動きをチェックします。

一度試しに、可能な方はスクワットをしてみてください。きっと膝のお皿がつま先より前に出てきてしまうと思います。その状態だと、普段の生活の中で常に膝に負担がかかる動作をしている証拠です。そのような状態で膝を使っているなら、普段の日常生活でも知らないうちに膝にストレスが蓄積されていると言えます。

ストレッチイメージ本来の正しいスクワットは、膝のお皿がつま先よりも前に出ない状態で股関節が曲がり、お尻が後ろに引く様なスクワットです。
骨盤の筋膜が硬かったり、歪んでいたりするとこの様なスクワットになってしまいます。

このような状態の方は、まだ今は軽い症状でも注意が必要ですので、当院ではしっかりと根本原因を見抜いて本来正しいスクワットができる状態になるように根本原因を見極めていく必要があると判断します。この状態で日常生活を送っていると、毎日あなたの膝にはストレスが蓄積されます。膝にストレスが徐々にかかってくるといずれ関節内の炎症が起こり炎症を治すために水が溜まってきます。

4.0脚、X脚などの膝の歪みの確認

O脚、X脚などの膝の歪みイメージ直立の状態で、膝にどの程度の膝の歪みが出ているか、内もも膝、ふくらはぎ、くるぶしの隙間を確認します。どの位置で隙間があるかを把握し、膝の歪みがどの程度出ているかをチェックします。

5.歩行や動作チェックによる体の使い方のクセの確認

からだラボ 広島整体院施術イメージその場で歩いて頂き、普段の歩行時にどちらに重心が傾いているのか、手の振り具合や肩の位置、かかとの使い方など、動作を総合的にチェックし、歩行や日常動作の中で膝に負担がかかっているかどうかをチェックします。

以上、5つのチェックポイントの検査を通じ、膝関節にかかっている負担の度合いや、膝の痛みを生じている根本原因を把握していきます。

これらの状態を元に、施術計画をご提示し、根本施術をスタートさせます。

一般的な「治らない膝の施術」と、当院の「根本改善する施術」の違いをまとめます

慢性膝痛からくる変性断裂による半月板損傷の痛みの原因

一般的な医療機関や整形外科
軟骨のすり減りや骨の変形

当院の根本施術の考え
膝周辺の筋肉や関節包の硬直や萎縮、骨盤周辺の深層筋の硬直や筋膜の歪み

レントゲンやMRIでの結果

一般的な医療機関や整形外科
半月板損傷が見られれば患部に対して鎮痛剤やヒアルロン酸注射

当院の根本施術の考え
半月板損傷や軟骨のすり減りでも痛みを消失することができると考え、本当の痛みの原因を追及し根本改善する

半月板や軟骨の変形やすり減り

一般的な医療機関や整形外科
変形や軟骨のすり減りが痛みの原因

当院の根本治療の考え
関節や軟骨には痛みを感じる神経が無いという医学的根拠に基づく判断の元、痛みを生じさせている原因を追及

体重による影響や加齢による筋力低下等の影響

一般的な医療機関や整形外科
体重が重いと、体重が原因と判断し運動をして痩せることを推奨。
加齢による要因で、筋力低下や関節の痛みを指摘。筋トレなどを推奨。

当院の根本施術の考え
体重や加齢に関係なく、体の使い方や膝へ負担をかけている状態を見抜いてその状態を改善する

症状の重症度合いの判断基準

一般的な機関や整形外科
半月板の損傷や軟骨のすり減り具合を基準に判断。場合によっては人工関節等の外科手術を推奨。

当院の根本施術の考え
関節の柔軟度や筋肉の硬直の状況で判断する。

症状改善に向けた改善指導

一般的な医療機関や整形外科
鎮痛剤や炎症剤の投薬による様子見

当院の根本施術の考え
過度に負担がかかっている筋肉の硬直を緩め、筋肉を休ませる。

体のバランスや姿勢等の影響

一般的な医療機関や整形外科
観察されることもなければ、影響すら把握しようとしない。症状が出ている部位のみを判断する。

当院の根本施術の考え
膝の痛みが出ている部位以外に根本原因があると判断し、体の使い方やバランス、日常生活の中の姿勢は大きく関係している。

あなたは、まだ本当の半月板損傷の施術を
体験したことが無いのです。

当院にはあなたを救う施術があります。

膝の痛み・変形性膝関節炎に悩んでいるあなたへ、私が体験した感動を伝えたい

からだラボ 広島整体院 施術イメージ

こんにちは。からだラボ 広島整体院の院長、久保田です。簡単ですが、私の自己紹介をいたします。

元々運動が好きだった私は、小学校からずっと野球をしていました。小・中・高とずっと本気で取り組んでいましたが、高校生の頃にヘルニアに悩まされ思うように練習ができずに悩んでいました。まわりのメンバーは日々猛練習をして実力をつけていく中、私はヘルニアのせいで思うように練習ができない状態で、病院に通っても湿布を出してもらうだけで、原因がわからず「なんで治らないんだ」と、悔しい思いをしていた時期、地元広島の整骨院に出会いました。

その整骨院の院長先生との出会いが、私の人生を変えました。

担当して頂いた先生と一緒になり、病院では診れない根本的な要因を一緒に見つけてもらい、体の使い方や、自宅でできるセルフメンテナンスまで指導して頂き、みるみるヘルニアの痛み、しびれが消えていくことに感動しました。

この時の感動がきっかけとなり、整体治療、整骨治療の道を目指すことになります。

その後、柔道整復師としての道を目指し専門学校に進学し、整骨院の世界へ入りました。今まで学んだ治療技術を組み合わせ、独自の施術法を確立し今日に至ります。今でもさらなる技術向上のために、自院での施術に加え、学会やセミナー等にも積極的に参加し多くの方の治療に役立てるよう学びながら、毎日の施術にあたっています。

体の状態や症状、生活習慣や置かれている状況が一人ひとり違うように施術に関してもその人その人に合った施術方法があります。

痛みの無かった本来の状態に回復する近道は、悪くなった根本的な原因を見つけることと、それを解決できる施術に出会えるかどうか。そのことに1人でも多くの方に気付いて頂き、本来の体の状態を取り戻して頂くのが私の使命です。この自己紹介を読んで頂けたのも何かのご縁です。みなさんのお越しをお待ちしています。

体のスペシャリスト(国家資格保有者)が施術を行うので安心!

よくある整体やカイロプラクティックやマッサージ店は何の資格もなく営業ができることを知っていますか?

近年、資格を持たない未熟な施術者が増えることで、施術事故も増えています。基本的に安さや手軽さを売りにしたそのようなサービスは、その時の一時的な気持ちよさだけを求めるには良いのかもしれません。ただし、あなたの椎間板ヘルニアを根本から改善できるかというと疑問が残ります。

安い料金には理由があります。辛い症状で悩んでいるあなたご自身の体を委ねる訳ですから、本当に何が大切なのかを真剣に考えてみてください。根本的な症状改善と向き合いたい、本気で椎間板ヘルニアを改善したいと思うのなら、からだラボ 広島整体院へお越しください。

からだラボ 広島整体院では、国で認められた「柔道整復師」という国家資格保有した院長が施術にあたります。体の施術のスペシャリストが施術を行ないますので、安心して施術を受けて頂けます。

からだラボ 広島整体院では、一時的な慰安やリラクゼーション目的ではなく、根本的な症状改善を目的として通院される方ばかりですので

元気だった時の体を取り戻す
長年諦めていた辛い症状を本気で改善する
健康維持の為のメンテナンスをする
より良い生活をする為に定期的に通う
といった、強い思いと目標を持った方、自分自身の体の健康の為に本気で向き合い、時間とお金をかける価値があると納得された方々が多く通われます。

広島では珍しい様々な治療技術を組み合わせて、あなただけの完全オーダーメードの施術を!

からだラボ 広島整体院では、柔道整復師という国家資格に付随した施術のほか、みなさまのお体やお悩みの状態に合わせて、様々な効果の高い施術をご提供しています。

特にスポーツをしている方や、他の院や病院では原因が不明な症状などに効果的なのが、「かっさ」と呼ばれる筋膜療法が効果的です。かっさ療法は古来からある歴史の長い治療法です。

『筋肉を覆う膜=筋膜』が癒着することで生じる可動域制限、痛み、筋力低下、機能制限などの筋膜に原因がある症状は、レントゲンや病院の診断では判明できないものですが、アメリカなどではスポーツ障害の治療の一環として注目が集まってきている療法です。

この筋膜療法が、元々日本古来から受け継がれてきた「かっさ療法」と同じ手法なのです。

腰痛の原因となるこの筋膜の癒着ポイントを特定し、筋膜の癒着をリリースし、可動制限を改善することで、長年改善しなかった椎間板ヘルニアが嘘のように改善した、とお喜びの声を多数頂くようになりました。

スポーツでのお悩みや原因が特定できない長年の腰痛や椎間板ヘルニアなどは、一度このかっさ療法を体験して頂ければと思います。

さらに、広島では珍しい「炭酸整体」という施術法も導入しています。
炭酸整体とは、炭酸ガスを含むミストを噴射しながら行う整体の施術方法で、炭酸ガスの効能により、毛細血管の血流を増やし体温が上昇することで、筋肉がすぐに柔らかくなり、可動域が広がる効果を実感しやすい施術方法です。

血行促進作用による老廃物の排出、筋膜癒着のリリース、痛みやコリの原因となる箇所を苦痛もなく刺激を与えることができるようになり、自然治癒力も高める施術で、慢性腰痛や椎間板ヘルニアの痛みなどに効果的な施術です。

かっさ施術による筋膜療法と、炭酸整体による施術を中心に、あなたのお悩みに合わせたオーダーメイドの幅の広い施術をご提供できますので、どこに行っても変化が無かったという方も、ぜひ一度からだラボ 広島整体院へお越しください。

お電話を頂けると確実にご予約することができます

080-4559-1034

当院施術技術が評判!全国の先生が私の施術を学んでいます!
多くの施術家さんの要望に応えてDVD・書籍で全国リリース!

広島整体院までのアクセスです!

当院についてさらに見る

営業時間

医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院は「当日予約OK予約優先」です。
時間祝日
AM09:00〜PM21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休
土日祝も営業しています!

アクセス

店舗名
医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院
代表
久保田 大貴(くぼた ひろき)
住所
〒732-0052  広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階
電話・FAX番号

TEL:082-576-4889

アクセス
広島駅 新幹線口から徒歩6分
アクセスマップ

PAGE TOP