膝の痛み・ヘルニア専門

広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-576-4889

膝の痛みを繰り返す理由

繰り返す理由

こんにちは。
広島整体院の廣野です。

今回は『膝の痛みが繰り返す理由』を簡単にわかりやすくお伝えします。

特に広島整体院では3年以上経っても治らないひざの痛みで苦しんでいる患者さんが多く来ます、そのような方でも「痛みが無い時がある」とよく言います。

ではそれはなぜか?

この行動を自然としていませんか?

まず『何かしらの理由』でひざを痛めている人は必ずこの行動をします。

①痛めているひざを動かさないように安静にする。
②今まで出来ていたしゃがむ行為や正座もやらないようにする。
③ひざに負担がかからないように体重をかけないようにする。

このことで、痛めているひざへの日常生活上の負担が軽減するので、結果として痛みが『一時的に』減少します。 ひざの痛みがなくなったので日常生活を普通に送ろうとして、また痛みが再発するということが起こります。

なぜ?負担をかけないようにしてかばい、痛みが取れたはずのひざがまた悪くなったのか?

3つの理由から起こる膝の痛みを繰り返す理由

答えは①②③がそのまま原因となっています。では解説いたします。

 

①痛めているひざを動かさないようにして安静にする

負担をかけないようにして関節や「筋肉の緊張」で筋肉が固まっていきます。筋肉は関節を動かす動力ですので結果的にひざを動かすことが難しくなります。
動かすことが難しくなると、結果歩かなくなったり、行動に制限がかかり始めてしまいそのことでひざに新たな症状を作ります。

 

②今まで出来ていたしゃがむ行為や正座もやらないようにする。

しゃがむ行動は下半身の筋肉や関節を大きくパワフルに使う行動です。
これを一気にやめてしまうと、下半身の筋肉や関節が一気に動かなく硬くなり、動かせなくなります。正座はもちろんひざの痛みがある時はお勧めできませんが、タイミングや症状によっては正座を禁止してはいけません。
正座を長くやめてしまうと、ひざをしっかり曲げる事が出来なくなります。深く曲げれないことでひざの動きに可動域制限がかかり症状を繰り返すようになるのです。

 

③ひざに負担がかからないように体重をかけないようにする。

勘の言い方ならここまで読んでいただければわかると思います。
体重をかけなくなった「痛みがある側」の膝は筋肉や関節を動かすことが極端に減るので硬まります。例えば症状として「大したこと」が無いのに、安心のため転倒防止のために「杖」をついたとします。
その瞬間から動かす足と、動かさない足になってしまいます。
動かさない、体重をかけない、安静にしすぎた膝は機能性・運動性が弱りそのことで最初の症状よりも重篤な症状になりやすいのです。

膝の痛みを繰り返さない為のまとめ

まず膝の痛みが出た場合、安静にしなければいけないのか? 日常生活ぐらいなら痛みを気にせずに膝をかばわずに行動した方が良いのか?

この判断は難しいので、プロの判断を仰ぐことをお勧めします。

整形外科、整骨院、整体院とどこを選べば良いかわkら無いと思いますがポイントとして丁寧に検査をし、問診やカウンセリングにてあなた自身が「腑に落ちる」説明や治療ビジョンを伝えてくれるのであればどこでも構いません。

逆を言うと、レントゲンやMRIを撮ったものの、年のせいや体重のせい、では様子をみましょうといった説明では何の解決にもなりませんのでやめましょう。あとは理解できる説明もなく一方的に施術をしてくるところもやめましょう。

 

どのように膝を治していくのか?
何が原因でそれは自身で解決できるのか?
どれぐらいの期間を有するのか?

をきちんと説明があれば、治るというゴールが見えますのでそういったところを選んでください。

 

広島整体院では繰り返す膝の痛みを治していくのか丁寧にわかりやすく説明します。
こちらからの一方的な施術は一切致しませんので安心してお任せください。

 

当院についてさらに見る

営業時間

医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院は「当日予約OK予約優先」です。
時間祝日
AM09:00〜PM21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休
土日祝も営業しています!

アクセス

店舗名
医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院
代表
久保田 大貴(くぼた ひろき)
住所
〒732-0052  広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階
電話・FAX番号

TEL:082-576-4889

アクセス
広島駅 新幹線口から徒歩6分
アクセスマップ

PAGE TOP