膝の痛み・ヘルニア専門

広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-576-4889

膝を動かすとパキパキ鳴るけどどうなの?

パキパキ鳴らない膝。パキパキ鳴る膝。

膝専門整体 広島整体院の廣野です。

今回は、「膝を動かすとパキパキ鳴るけどどうなの?」という疑問を素人の方にも簡単にわかりやすく説明していきます。

それでは早速、パキパキ鳴らない膝、パキパキ鳴る膝。がありますね。なぜ?膝を曲げ伸ばしすると「時々」鳴るんでしょう。

 

そのメカニズムから。

 

この音は、ひざの状態の今を示すサインです。。ひざが悪くなる原因として軟骨のすり減りが起こります。

ひざの軟骨は、ひざの骨の表面を覆い、クッションの役割をしている。日常生活で多く使う関節なので、傷みやすく壊れやすい。ひざ軟骨は、加齢や肥満で徐々にすり減っていく事があります。その結果によってはひざに激しい痛みが出るようになる。すり減った軟骨は元に戻らない。

ひざが痛くなると体を動かす機会が減り、下半身の筋肉が弱くなります。その結果、関節周りの筋肉が硬くなりひざの関節を支えるたくさんの組織から「音」が鳴ると言われています。

パキパキが膝に対する影響

『痛みがなくても靭帯等に何らかの異変が生じている場合もありますので、広島整体院に来院される事をお勧めします。

今現在、日常生活に支障がなくても、今後年齢を重ねるにつれ影響が出てくるかもしれません。もちろん施術して何もなければこしたことはないですし、安心を得るため、早期発見のために整体を検討してはいかがでしょうか。』

『痛みもなく日常生活に問題がなければ気にせずにいつも通りの生活を心がけましょう。サポーターなどで膝を固定すると、膝軟骨の擦り減りを軽減できますが、その分「動かしてはならない」というかばう心が生まれてしまいかえって膝が悪くなる事もあります。』

放っておいても大丈夫??

「膝の音は、靭帯や半月板の損傷、関節リウマチ、軟骨骨折、骨壊死、骨腫瘍、脱臼などでも起こることがあります。決して侮ってはいけません。

中でも最も多いのは変形性膝関節症です。音がしたら痛みがある・なしにかかわらず膝関節の異常の前ぶれかもしれないので、早期発見するための警鐘と考えましょう」

整体で施術すべきか?

一人一人にあった施術を行いますので、当院では、問診時に必ずパキパキ音がする理由やそれに対する影響を含めてお伝えします。ひざの音は前述にも申し上げたように、筋肉の使い方や関節の使い方、もしくは「以前とは違った」行動をすることで起こる事があります。

筋肉や関節の問題であれば、痛みが有る無しに関わらず広島整体院での対応可能となりますのでお気軽にご相談ください。

当院では、膝の問題に対ししっかりとカウンセリング後

まとめ

今回、膝を動かすとパキパキ鳴るけどどうなの?
というテーマでしたがいかがでしたか??

今まで、膝を動かしても「音」が出なかった方が、急にパキパキと感じ始めたら、時間に少しだけゆとりを持って膝専門 広島整体院にお問い合わせください。

痛みが有る無しに関わらず、不安を取り除くことも日常生活を送る上で大事ですからね

 

では今回はこの辺で失礼します。

広島整体院 廣野

 

当院についてさらに見る

営業時間

医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院は「当日予約OK予約優先」です。
時間祝日
AM09:00〜PM21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休
土日祝も営業しています!

アクセス

店舗名
医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院
代表
久保田 大貴(くぼた ひろき)
住所
〒732-0052  広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階
電話・FAX番号

TEL:082-576-4889

アクセス
広島駅 新幹線口から徒歩6分
アクセスマップ

PAGE TOP