膝の痛み・ヘルニア専門

広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-576-4889

ぎっくり腰でホッカイロを使い温めると腰の症状は楽になるのか?

温める?冷やす?どっちがいいのか?

こんにちは。腰痛専門 広島整体院の廣野です。
今回はギックり腰になったらホッカイロで温めて良いのか?を説明します。

ぎっくり腰は急性で起こる症状なので、『炎症』していたり、『腫れて』いたりする症状なので一般的には「すぐに冷やせ」と言われます。

しかし最近では冷やさずに温めることで早期の解決に繋がる!といった情報が多くありますのでどっちなのか?説明いたします。

温めると冷やすのメリットとデメリットを考えてみる

先ほども伝えた通り、ぎっくり腰は急性の場合が多く、炎症や腫れを起こしています。
なので以前からずっと急性は冷やせと言われてきました。
素人の患者さんでもこれだけはしているといった方が多いですね。

 

冷やす
  • 血流量低下
  • 組織の柔軟性(硬くなる)
  • 感覚の鈍麻(麻酔作用)
  • 代謝が下がる
温める
  • 血流量増加
  • 組織の柔軟性(柔らかくなる)
  • 感覚の活性(伝わりが早くなる)
  • 代謝が上がる

 

 

「冷やす」ということによって起こる変化を簡単に説明すると。抑え込むという言葉が当てはまります。
つまり、血液の流れを抑え込んだり、神経系の活動をにぶくしたり、細胞レベルでも活動を抑制します。体全体で活動が抑制されているイメージです。怪我をして流血している場合は血を止める効果もあり、打撲した場合は痛みが少し緩和できます。 腫れてきた部位では、腫れの進行速度がゆっくりになります。

「温める」場合ではその逆です。体の様々な部位が 活性します。血行は良くなり、神経系の活動が活動的になります。 そのため、運動前や試合などのウォーミングアップ時にとても有効です。ウォーミングアップの効果の一つに、 筋肉を温める効果などがあります。

冷やすことのメリットは「その時の痛みをとること」
温めることのメリットは「傷の治りが速やかになること」

冷やすことのデメリットは「傷の治りが遅くなること」
温めることのデメリットは「・・・ありません」

 

このような説明を聞いたら、皆さんはどちらを選びますか?
ぎっくり腰は急性症状なので「いきなり痛くなる」んです。なので、メンタル的には早く治したい!と感じると思います。でも早く治す。ちゃんと治す。という観点からいうと、間違いなく温めた方がメリットが多いのです。

ホッカイロを有効に使い、腰の症状を改善しよう。

では温めるやり方はどんなものがあるのか?紹介していきますね。

①お風呂に浸かる
これが体全体を温めるときに最も有効なやり方です。しかし湯船にはずっと使って入られませんのでそれだけが難点ですね。

②暖房やエアコンで部屋全体を温める
これも体全体を冷やさない意味では良いですね。しかしぎっくり腰の局所を集中して温める子はできないのが難点です。

③温湿布を貼る。
すごく有効な手段です。局所も温めることができますし。
ただ、まれにかぶれる方がいますので誰でも有効とは言えないようです。

④ホッカイロを貼る
最もおすすめなのがこれです。ホッカイロはかぶれることもありません。
ぎっくり腰の患部や関連した筋肉の周りに張りましょう。

ホッカイロとぎっくり腰のまとめ

今回はぎっくり腰になったら温めること。最も有効なのはホッカイロを使う。
という結論になりました。

すぐに痛みを取りたい!という気持ちは誰にでも芽生えますし、その気持ちをコントロールするのは難しいかもしれませんが、環境やタイミングが許すのであればぎっくり腰であっても冷やさずにホッカイロで暖めてくださいね。

 

広島整体院では正しいぎっくり腰の治し方をお伝えします。
患者さんのぎっくり腰への悩みが一つでも減るようにいたします。

 

当院についてさらに見る

営業時間

医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院は「当日予約OK予約優先」です。
時間祝日
AM09:00〜PM21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休
土日祝も営業しています!

アクセス

店舗名
医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院
代表
久保田 大貴(くぼた ひろき)
住所
〒732-0052  広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階
電話・FAX番号

TEL:082-576-4889

アクセス
広島駅 新幹線口から徒歩6分
アクセスマップ

PAGE TOP