膝の痛み・ヘルニア専門

広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-576-4889

ぎっくり腰でお腹が痛くなる理由

腰痛専門 広島整体院の廣野です。

今回はぎっくり腰になるとなぜお腹が痛くなるのか?を簡単にわかりやすく説明致します。

ぎっくり腰患者さんの多くが、お腹が痛い!という症状を言われます。その時に私が実際に説明している話を書き出します。

腰を『何かしらの理由』で痛めると、背筋を伸ばしておくのが辛くなりますよね。
その結果、ほとんどの方が痛みにこらえながらも胸を張って綺麗な姿勢をしようとします。
ではなぜ背筋を伸ばすのが辛いのでしょう?

実は背筋を伸ばすというのは、腰の筋肉や背中の筋肉だけではなくかなりの割合で、【お腹の筋肉】が関係してるんです。

この筋肉は腸腰筋と言います。腸腰筋は主に太ももを持ち上げるという役割をもっています。他には下半身と上半身の連結に大きな役割があります。

ぎっくり腰の原因自体が実は、「腸腰筋」が硬まったり動かしにくくなることで起こります。

ただ、素人である患者さんは腰の痛みが強く、お腹が痛いとか伸ばせないという症状も「腰が悪いから」と考えます。すると多くの人が腰が悪いのは「綺麗な良い姿勢をしていないから」と考え、お腹の筋肉である腸腰筋が固まったり縮んでるにもかかわらず、強引に痛みをこらえながら背筋を伸ばすんです。

これがぎっくり腰をやった時にお腹が痛い正体です。

広島整体院でのぎっくり腰の対処法

広島整体院ではぎっくり腰の症状とお腹の痛み「腸腰筋の問題」が出た場合、以下のような施術をいたします。

①多くの方がベッドでの「仰向け」姿勢で寝れないので、横向きの状態で寝てもらい、膝を曲げて体をまるませてもらい、腸腰筋の筋肉に柔らかく手でアプローチします。
負担がかからないように腸腰筋を柔らかくすると仰向けの姿勢で練れるようになります。

②重症度にもよりますが、仰向けで寝てもらい腸腰筋を再度アプローチします。
ここで、足が伸ばしやすくなると立った状態でも軽く背筋を伸ばすことは可能になります。

③症状の軽減が確認できたらうつ伏せの姿勢になり、背面の筋肉、腰の筋肉、太ももの筋肉、ふくらはぎの筋肉を柔らかくしていきます。

④施術後は背筋が少しな伸ばせるようになり、日常生活動作なら問題なくできるようになります。

ぎっくり腰の自宅で出来る対処法

それでは自宅でできるぎっくり腰の腸腰筋への対処法を簡単に教えます。

①お風呂に入りましょう
どんなストレッチやリハビリよりも、湯船につかり腸腰筋を温めることが最強の自宅でできる対処法です。
腸腰筋だけではなく関係する筋肉も一気に温めるため、お風呂上がりは背筋を伸ばしたり、腰の痛みも格段と楽になるでしょう。
間違っても、腰に冷湿布を張ったり冷やすのはやめましょう。※このことは他のブログで取り上げていきますね。

②お腹をさすりましょう。
腸腰筋の位置を説明する時にわかりやすい表現は「コマネチ」をする位置と覚えてください。※わからない年代の人はすいません。。
腸腰筋を優しくさするだけで、立ち上がりの腰の痛みや、お腹に波及してくる痛みもじんわりと優しくなるでしょう。 簡単ですので是非お試しください。

まとめ

いかがでしたか?

お腹が痛くなるのは実はそもそものぎっくり腰の「原因」だったんですね。
腸腰筋が硬まったり、縮んだりしてしまうのも日常の生活に原因が隠れています。

腰とお腹が痛くなったら、まず「コマネチの部分の腸腰筋」をさすってみましょう。
症状が軽くなれば原因はそこにあることが理解できます。

 

ぎっくり腰は急ななことが多く、患者様は「どう対処したら良いの??」とパニックになります。そうなった時は冷静にまずは少し体をかがめてください。

少しだけでも楽になればその後、広島整体院にお任せ頂ければ丁寧に施術いたします。

当院についてさらに見る

営業時間

医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院は「当日予約OK予約優先」です。
時間祝日
AM09:00〜PM21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休
土日祝も営業しています!

アクセス

店舗名
医師も推薦する膝の痛み、腰痛専門 広島整体院
代表
久保田 大貴(くぼた ひろき)
住所
〒732-0052  広島駅前店:広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1階
電話・FAX番号

TEL:082-576-4889

アクセス
広島駅 新幹線口から徒歩6分
アクセスマップ

PAGE TOP