ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

辛い腰痛の原因を特定したい人必見!改善策もご紹介!

 

「最近、腰の痛みが辛い…」

「腰痛のせいで普段の作業に集中できない!」

「長年悩まされている腰痛の原因を知りたい」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

腰痛は誰が発症してもおかしくない症状ですし、皆さんの回りにも腰痛にお悩みの方はいらっしゃると思います。しかし、その腰痛がなぜ引き起こされているのかはわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。

今回は、そんな腰痛の原因として考えられるものをいくつかご紹介したいと思います。そして、その辛い腰痛を取り除くために必要な解決策を皆さんにご紹介いたします。

 

 

◇腰痛の原因を特定するのは難しい!

腰痛の原因には、様々な要因があります。そのため、腰痛の原因を特定するのは非常に難しいといわれています。実際に腰痛の原因を特定できるのは、15%ほどしか存在しないといわれており、病院でも正確に診断されないことがあります。

 

 

◇腰痛の原因として考えられる病気

 

○椎間板ヘルニア

腰痛の原因として有名なものに椎間板ヘルニアがあります。背骨に存在している椎間板が変形してしまい、神経を圧迫することで腰痛を引き起こします。椎間板は本来、背骨にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を果たしていますが、変形してしまうと、そのクッションの役割を果たすことができず、腰に相当な負担がかかってしまいます。

椎間板ヘルニアは腰の痛みだけでなく、しびれや足の痛みも神経の圧迫によって引き起こされることがあります。最悪の場合、感覚を失い、歩けなくなってしまうこともあります。

椎間板ヘルニアになる原因として考えられるのは、腰のゆがみを発生させるようなことをしてしまうことです。例えば、スポーツをしていて腰を一方向にひねりすぎたり、急に重い荷物を持ったりすることです。また、デスクワークなどで、日ごろから姿勢の悪い状態をキープし続けてしまい、腰へ大きな負担をかけてしまうことも椎間板ヘルニアの原因となります。

椎間板ヘルニアは放っておいても自然治癒することはほとんどありません。ひどくなってしまう一方なので、腰痛だけでなく、しびれや足の痛みを感じたら、椎間板ヘルニアを疑い、適切な処置をしてもらう必要があります。

 

 

○脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

背骨にトンネル状の空間があり、そのトンネルを脊柱管と呼びますが、この脊柱管が狭くなっていくことによって、脊髄が圧迫され腰痛を引き起こす病気です。椎間板ヘルニアよりも高齢者で発症する方が多くいらっしゃるといわれています。

この脊柱管狭窄症の原因も、椎間板ヘルニアの原因と同様に腰への負担がかかるようなことをしてしまうことです。無理な姿勢を続けて作業をしたり、プールなどで腰を冷やして血流障害を引き起こしたりすることでも、脊柱管狭窄症が引き起こされることがあります。

脊柱管狭窄症の怖いところは、腰の痛みだけでなく、間欠性跛行になることがあるところです。間欠性跛行は、長時間歩くことが困難になり、歩いては休み、歩いては休みを繰り返すことをいいます。脊柱管狭窄症になると、日常生活に支障をきたすことになってしまいます。

また、脊柱管狭窄症も自然に回復することはないため、適切な処置をする必要があります。放っておくと、痛みがひどくなることがあり、その痛みの不安からさらに症状が悪化するという悪循環が生じることがあります。

 

 

◇腰痛の原因は神経の圧迫だけではない!

腰痛の原因で有名なのは、先ほど紹介した2つの病気ですが、筋肉の疲労によって腰痛が引き起こされることがあります。

同じ姿勢をずっと保ち続けて作業をしていると、筋肉回りの血行が悪くなってしまいます。そうなると、筋肉の疲労が蓄積されることになり、違和感が腰回りに残ることになります。そして、鈍い痛みが表れます。筋肉の血行をよくし、老廃物がたまらないようにし、栄養が行き届くようにする必要があります。

 

 

◇腰痛の改善法

ここからは腰痛を改善していく方法をご紹介していきます。

 

○クッションを使う

デスクワークなどで、やむを得ず同じ姿勢を続けなければならない場合は、クッションを利用して、腰への負担を減らすことが重要になります。また、ときどきストレッチをして、腰回りの筋肉に疲労物質がたまらないようにしましょう。

 

 

○痛み止めを使う

痛みがひどい場合は、痛み止めを服用することがあります。これは一時的な改善にしかならないので、再発する可能性は十分ありますが、日常生活に支障をきたすくらい腰痛に悩まされているのであれば、痛み止めの使用を検討してもよろしいかと思います。

薬の服用でも改善が見られない場合は、腰に注射をすることでダイレクトに痛みを抑える成分を届ける方法もあります。費用がある程度かかってしまいますので、その点がデメリットといえるでしょう。

 

 

○手術による改善

椎間板ヘルニアなどの病気によって腰痛の改善が見られない、痛み止めを使用しても痛みを和らげられない場合は、手術を提案されることがあります。手術をしても必ず治るとも限りませんので、手術を検討する際は、専門医との相談をしっかりしておく必要があるでしょう。

 

 

◇根本的な腰痛改善法とは?

これまで紹介してきた改善法は、一時しのぎによるものや予防法でした。腰痛の根本的解決を目指すには、その原因を特定し、それにあった対処をする必要があります。そのためにおすすめするのは、腰痛の改善を専門に扱う整骨院に行って、プロにその原因を特定してもらうことです。原因の特定はプロでなければ、難しいです。

 

 

今回は、腰痛の原因について紹介し、その改善法についてお話ししてきました。腰痛は放っておいても治らないことがほとんどです。放置して痛みが増すと、そのストレスによってさらに腰痛が悪化してしまいます。そうならないためにも、腰痛にお悩みの方は腰痛を専門に扱う整骨院でその原因を適確に特定してもらうようにしましょう。

 

ふくだ整体院は、広島で腰痛を専門に扱っている整骨院です。他の改善法を試してみたけどうまくいかなかったという方にもご来院していただいております。腰痛にお悩みの方で広島周辺にお住まいの方は、ぜひふくだ整体院へのご来院をご検討ください。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP