ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

軟骨の擦り減りによる変形性膝関節症|症状の原因と正しい治療の方法について

変形性膝関節症とは、膝の上下にある大腿骨と脛骨の間の軟骨すり減って痛みが生じる症状です。年齢を重ねるとともに発症しやすく、放っておくと歩行が困難になってしまう可能性もありますので、原因を正しく認識し、適切な治療を行うことが不可欠なのです。

今回は、そんな変形性膝関節症の原因と正しい治療法についてご紹介します。

◇変形性膝関節症の症状と原因

膝の痛みの原因として挙げられることの多い変形性膝関節症ですが、何が原因となっているのでしょうか。
変形性膝関節症とは、膝を支える上下の骨と骨の間に何度も圧力が加わることによって、緩衝剤である間の軟骨がすり減ってしまう症状です。

無理な負荷が加わっている場合に加えて、膝を曲げ伸ばしする動作によっても圧力がかかります。
ですので、これと言った原因はないのですが長年の膝の駆使によって徐々に進行していくものなのです。

◇肥満体形の方は要注意

変形性膝関節症は膝への無理な負荷によって起こりやすいので、肥満体形の方は要注意です。
体重が膝へとかかりやすい階段の上り下りや、椅子から立つ動作の時に、他の人より負荷がかかってしまいます。

また日本人は正座をして床の上に座ることが多いため、他の国の人よりも膝に負担がかかりやすいようです。
そのため、日々の生活において膝を労使しがちな日本人は特に膝のケアに注意をしなければいけません。

◇痛みが出始めてからでは遅い?

変形性膝関節症の対処には、できる限り早くその兆候に気づく必要があります。
階段の上り下りや座った状態から立った時に痛みがないかなど、日常の生活の中でその変化に気づくようにしましょう。

痛みが出るタイミングは人によって異なり、軟骨がすり減り出した段階で痛みを覚える人もいれば、軟骨がなくなり骨と骨がぶつかり出してもほとんど痛みが出ない人もいます。

しかし、大腿骨と脛骨がぶつかり骨同士が傷付く状態というのは危険な状態で、急に激しい痛みが生じる場合もあるため、変形性膝関節症においてはその症状にいち早く気づき、異変があれば病院に行ってレントゲンを撮ってもらうことが重要です。

◇まとめ

変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減る継続的な症状です。
痛みを抑えるためには膝の酷使を控え、症状が悪化しないように安静措置を行わなければいけません。

痛みを和らげようと無理にストレッチを行ったり、痛みを我慢して運動を継続したりすると、症状は悪化する一方ですので、できるだけ早い段階で治療院又は病院に行ってプロの診断を受けるようにしましょう。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP