ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

膝の関節が痛いと感じたら要注意?変形性膝関節症の症状と原因について

階段の上り下りをする時や椅子から立ち上がる際に、膝がゴリゴリと痛む感覚があるという方は変形性膝関節症の疑いがあります。変形性膝関節症とは、膝の痛みの中で最も多い原因の一つで、膝の痛みに悩む多くの人が発症している症状です。

膝の関節が痛いと感じることがある方は、症状の内容を知り正しい治療を行わなければいけません。

◇膝の痛みの原因

転んで膝を強く打った、スポーツ中に膝を痛めたなど、突発的な怪我をしていない場合、膝の痛みは変形性膝関節症によることが一般的です。
膝の関節は、太ももを通る大腿骨とすねにあたる脛骨をつなぎ合わせるかたちでできています。

両方の骨の接合面は滑りを良くするために軟骨で覆われており、その間にさらにクッションの役割を果たす半月板が挟まっているのです。
通常軟骨の引き起こす摩擦は極めて小さく、半月板も間に挟まっているため、軟骨はすり減ることはなくスムーズに機能します。

しかし、変形性膝関節症では軟骨が水分を吸収しきれず弾力性を失ってしまい、軟骨同士が当たった時にすり減ってしまうのです。
それでは一体軟骨がすり減るどうなってしまうのでしょうか。

◇軟骨の破片が炎症を引き起こす

変形性膝関節症は、軟骨のすり減りにより引き起こされる症状ですが、軟骨は神経を含んでいないためこの時点では痛みがありません。

痛みが生じるのは、すり減った軟骨の破片が関節を覆う滑膜や関節包という神経を多く含む部分に接触し、そこで炎症を起こした時です。

炎症を起こさなくてもすり減った軟骨の破片が、滑膜や関節包の神経にたどり着き、膝を動かすたびに接触するようなことがあればもちろん痛みを感じます。
また滑膜が炎症を起こすと膝に水が溜まる関節水腫という症状を誘発しやすく、膝に水が溜まれば関節が張って膝を曲げることが困難になってしまうのです。

◇段階別の対処法

変形性膝関節症ですり減った軟骨は基本的に自然に回復することはありません。
治療の手段としては、膝が痛まないように鎮痛剤を服用する、軟骨の表面が滑りやすいようにヒアルロン酸の注射をするといった一時的なものが大半です。

損傷が大きい場合には、膝関節を人工の関節に置き換えるという処置もありますが、これによる膝への影響というのはかなり甚大なものになります。
やはり膝の症状を悪くさせないためには、早期発見と対抗策を打つことが重要です。

膝の損傷がまだ小さい段階でO脚が膝に悪い影響を及ぼしていると分かれば、インソールを用いて膝に負担がかかりにくいようにすることもできます。

変形性膝関節症の原因と対処法をご紹介しました。
痛みを無理して我慢せず、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP