ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

腰のヘルニアで手術が必要なのはごく少数だということご存知ですか?|広島・ふくだ整体院

腰,ヘルニア,手術が必要

の痛みやしびれがきつくていろいろ調べていると自分はヘルニアの人の症状に近いから手術をしないといけないのかな?と思っているあなた。

仮にあなたの症状がヘルニアからきていたとしても、実は腰のヘルニアで手術になる症例はごくごく少数なのです。

今回は、手術が必要なヘルニアの症状と手術せずにヘルニアの症状を改善させる方法をご紹介したいと思います。

腰のヘルニアで手術が必要な症状

「サワイ健康推進課 カラダの豆知識」より抜粋

『椎間板ヘルニアは腰骨の間のクッション材である「椎間板」が変形して飛び出し、神経を圧迫する病態をさします。ただし、画像診断でヘルニアが確認されたとしても、それが即、症状に結びつくとは限らないことが知られ、長い間無症状のまま、ヘルニア塊が自然消滅、あるいは縮小するケースも少なくありません。

腰痛の実に85%は原因不明だといわれており、残り15%のうち、椎間板ヘルニアが原因であると特定できるのはわずか5%程度に過ぎないといわれています。

椎間板ヘルニアと言うと、すぐ手術と思いがちですが、実際は手術が必要な「病的なヘルニア」はごく少数なのです。』

東北大学名誉教授 国分正一先生

東京腰痛クリニック院長 山田智彦先生

腰,ヘルニア,手術が必要

 

文献にもあるように、ヘルニアがあるからと言ってすぐに手術が必要というわけではなく、状態の程度や症状の出方によっては手術以外の治療法やアプローチ方法で経過を観察していくこともよくあります。手術が必要なくらい重度のヘルニアは以下の2つの症状が出ている時です。

手術が必要な腰のヘルニア症状その①:24時間常に同じ痛み

ヘルニアによる神経の圧迫が強く、座っている時や立っている時、歩いている時などに常に背骨に負荷がかかっている時は痛みやしびれが出ています。そして、神経の圧迫具合は姿勢や動作によって変わらないので、常に100点の痛みが起こっています。時間帯や動き方によって痛みが90点になったり80点になったりしません。

手術が必要な腰のヘルニア症状その②:自力で動けない

常に神経の圧迫が起きていて何かの動作を始める時に痛くて辛いわけですから、自らの力だけで立ち上がったり起き上がったりすることは非常に困難です。誰かに介助してもらうか、這うように動いたり起き上がったりしないと生活を送ることができません。要は、背骨に体重を乗せることができないから常に横になって寝ていなくては痛みから逃れられないということです。

手術が必要ない腰のヘルニア症状を改善する方法

腰のヘルニアを持っていたとしても、おそらく上記の症状に当てはまっている方はかなり少ないと思います。少なくともこのブログを読んでいただいている方は、もし重度のヘルニアなら痛みを我慢してここまで読むなんてことはできないはずですから、手術が必要なヘルニアではない可能性は高いです。

腰,ヘルニア,手術が必要

手術以外でヘルニアの症状を改善していく方法の中で、腰回りや足回りの筋肉に対するアプローチをして腰の疲労や負荷を減らすというものがあります。これが手術以外で最もヘルニアによる腰の症状の改善率が良いので、是非試していただければと思います。

改善方法①:内もものストレッチ

腰,ヘルニア,手術が必要

内ももを開脚や立ち姿勢で足を椅子に乗せた状態で伸ばすという方法でストレッチします。

腰,ヘルニア,手術が必要

 

内ももは骨盤から膝の下まで伸びていて体を安定させる役割を担う筋肉です。この筋肉が硬くなって動きが悪くなると全身が不安定になり、体の中心にある腰に常に力が入り背骨に負荷がかかりヘルニアになっていきます。

お風呂上りや動いた後の体が温まっている時に内ももの筋肉を伸ばしていただき、体を安定させて腰の負担を減らして痛みを緩和していくことで動かすことに対する怖さもなくなりますから、より腰の動きはスムーズになります。

改善方法②:足の付け根の前側のストレッチ

下の写真を参考に、太ももから足の付け根にかけて伸びている筋肉を地面に膝をついて足首を持ち体を後ろに反らしていくストレッチをしてみて下さい。

腰,ヘルニア,手術が必要

ヘルニアは前かがみになると起こりやすくなるので、体を前かがみに動かす役割を担う足の付け根の筋肉を伸ばすことで背骨の負荷が少なくなりヘルニアの症状の悪化を防止します。

日中座り姿勢などで足の付け根を縮めている姿勢が長時間続くという方は、30~45分間隔くらいでこのストレッチをしていただくとより症状が出るのを予防できます。

より確実に腰のヘルニアを手術が必要ない状態にしたいなら…

「なぜ悪くなってしまったのか?」ということを自分自身で理解することです。ヘルニアや症状に対する治療を何回やっても、この「なぜ?」がわかっていないとまた自分で悪くしてしまい同じ症状の繰り返しになってしまいますので、治療を人任せにするのではなく、自分でもしっかりと悪くなった原因を考えて同じ失敗を繰り返さないようにしなくてはいけません。

腰,ヘルニア,手術が必要

当院では、まずこの「なぜ?」を患者様自身に理解していただくことから始めます。これがわかっていないとどんな治療もどんなアドバイスも響かないからです。もう今後今の辛い状態に戻ってほしくない。そいういう想いで当院で治療を最後にしていただきたいという一心で患者様と向き合っております。

今後の人生を痛みを気にせずに楽しみたい、自分の好きなことに時間とお金を使いたい。

そう思っておられるならば、是非当院までご相談いただければと思います。

  • ブログ
  • ヘルニア

お試しキャンペーン
人数限定となります

10月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP