ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

脊柱管狭窄症は治らない?痛みの原因と治療の3つのアプローチについて

脊柱管狭窄症とは、背中が頻繁に猫背になることよって背骨の間を通る神経が圧迫される症状です。

放っておくと慢性的な腰の痛みや排泄障害を引き起こす危険な症状ですが、治療によって治らないものではありません。一体どのような治療法で治していくことが可能なのでしょうか。

◇脊柱管狭窄症の原因とは?

脊柱管狭窄症の原因は、主に姿勢の悪さであると言われています。
猫背やストレートネックといったスマホの見すぎや長時間のデスクワークによってもたらされる悪い姿勢が脊柱管狭窄症の大きな要因になっているのです。
というのも、背骨とは本来首から腰に掛けてS字を描くように伸びています。

神経もS字に沿って通っているため、猫背になってしまうと、その神経の通り道が圧迫され痛みが生じてしまうのです。
脊柱管狭窄症を治すためには、この背骨のS字を回復し神経の通り道を作ってあげる必要があります。

◇治療の3つのアプローチ

冒頭でも申し上げたように脊柱管狭窄症は治すことが可能です。
しかし、治療には時間がかかるためその間の痛みを抑えるためにも、治療の3つのアプローチを行う必要があります。

まず一つ目は、薬を飲んで痛みを抑えることです。
毎日のように痛みが続き、動くのが嫌になってしまうという負のサイクルを抑えるためにも、まずは痛み止め用の薬を飲みます。

この時、多剤併用、効果のあるのか分からないものをひたすら飲むのではなく、効果のある者だけを選んで1~2種類を定期的に飲み続けるのが良い薬の取り方です。

二つ目は、痛みが出ないような姿勢をとることです。
脊柱管狭窄症は、発症後もやはり猫背の姿勢や首が前に傾いたストレートネックの姿勢が痛みを誘発します。

ですので、症状が感知するまではなるべく意識的に姿勢を正しくし、スマホを扱う時も首が前に落ち込まないように工夫するようにしましょう。

そして三つ目が、姿勢を固め痛みの原因を取り除くことです。
痛みの原因である、悪い姿勢を無意識的にも回避できるようにすることが症状の完治には不可欠になります。

そのためには、体幹や腹筋、背筋など背骨を支えるお腹周りの筋肉を鍛え、正しい姿勢を取り戻すことが重要です。
初めは姿勢を伸ばす簡単なストレッチから行い、徐々に筋トレのような体を鍛える運動に変えていくようにしましょう。

◇まとめ

脊柱管狭窄症の治療には、綺麗な姿勢を取り戻すことが最も効果的です。
痛みがひどく腰を曲げ伸ばしするのが怖いという場合には、一度医者に診断をしてもらい痛み止めを飲みながら徐々に普通の生活を取り戻せるよう頑張っていきましょう。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP