ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

脊柱管狭窄症とは?起こる原因や治療についてご紹介します!

腰が痛いから整骨院に行ったら脊柱管狭窄症と診断されたけど、どのようなものか全然わからないという方もいらっしゃるでしょう。脊柱管狭窄症は「せきちゅうかんきょうさくしょう」と読みます。

脊柱管狭窄症は高齢者に多い病気で、状況によっては手術しなければならなくなる可能性もあります。

そこで今回は、「脊柱管狭窄症が起こる原因」を中心に脊柱管狭窄症についてご紹介します。

【脊柱管狭窄症とは】

脊柱管と呼ばれる、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルが背骨にはあります。

骨や靭帯が大きくなったり、椎間板が突出したりすることによって脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫された結果、腰に痛みが出てきたり、脚の痺れといった症状が出てきたりすることを脊柱管狭窄症と言います。

脊柱管狭窄症は加齢によって骨や靭帯が変性して起こることが多く、50代以降の高齢者に多く見られます。
この症状の一つとして、長い距離を続けて歩くことができないというものがあります。最も特徴的な症状は歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

【脊柱管狭窄症の原因】

では、なぜ脊柱管狭窄症が発症するのかというと、長い年月に渡って長時間腰に負荷がかかる姿勢を繰り返していくうちに、椎間板と背骨や椎間関節から突出した骨によって、神経が圧迫されることが原因です。

また、脊柱板の後方に黄色靭帯があるのですが、老化やホルモンバランスが崩れたことによってもろくなり、厚くなります。この老化やホルモンバランスの変化によって厚くなった黄色靭帯が脊柱管を圧迫して腰痛を引き起こすのです。

黄色靭帯がどの程度大きくなるのかは、日常生活や、遺伝的な要素によって変わってきます。

【脊柱管狭窄症の予防と治療】

脊柱管狭窄症を予防するためには、姿勢を正しく保つ努力をしなければなりません。日頃から正しい姿勢をとっていないと腰に大きな負担がかかり、腰痛に繋がりやすくなります。

では、治療はどのようにするのでしょうか。手術という方法もありますが、手術をしなくてもリハビリテーション、コルセット、神経ブロックや薬によって症状が改善されるケースがあります。

以上のように脊柱管狭窄症は、長時間歩き続けることができなくなるといった日常生活レベルで大きな問題になってきます。

脊柱管狭窄症の大きな原因として、腰に負担がかかる姿勢で長時間何かをしていることが挙げられます。脊柱管狭窄症がますます進行することを防ぐために、正しい姿勢で座る努力を普段から心がけると良いでしょう。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP