ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

背中の神経が圧迫される脊椎管狭窄症|症状の原因と正しいセルフケアの方法について

脊柱管狭窄症とは、背骨と背骨を支える椎間関節の隙間の通り道が狭くなり、そこを通る神経が圧迫される症状のことをいいます。

神経は腰だけでなく足先までつながっているため、脊椎管狭窄症になると腰痛やふくらはぎの痛みを引き起こすのです。そんな脊椎管狭窄症の原因とは何なのでしょうか。

◇悪い姿勢が神経の圧迫を引き起こす

脊椎管狭窄症の多くは、慢性的な悪い姿勢によって背骨が変形し本来のS字の形を失うことによって発症します。

背骨は本来右半身を見たときにSの字を描くようになっており、それが猫背やストレートネックによって崩されるとその隙間を通る神経の通り道がなくなってしまうのです。

今日ではやはりスマホの見すぎや長時間のパソコン作業がその大きな原因となっており、正しい姿勢を保つことが脊柱管狭窄症の予防には欠かせません。

◇排泄障害を引き起こす?

姿勢が悪く背骨に負荷がかかる状況でいると、背骨の変形を引き起こし初めは腰痛から、徐々に下半身の痛みに移っていき最終的にふくらはぎの痛みや排泄障害をもたらすに至ります。

これは背骨を通る神経が、背中だけでなく腰やふくらはぎ、足先まで届いていることが原因となっています。

初めは腰の痛みだけであっても、悪い姿勢を続けていると、徐々に全身の障害へと症状が拡大していくのです。
脊柱管狭窄症の疑いがある方は、病院に行って診断をしてもらうか普段の姿勢を正しく改めるように意識する必要があります。

◇体幹を鍛えてS字の背骨をつくる

姿勢が悪くなってしまうことで発症する脊柱管狭窄症ですが、普段から姿勢を正しくしていようと意識してもなかなか癖になった猫背などは治らないものです。

仕事で椅子に座っていることが多いという人の場合には、長時間パソコンに向き合っているとどうしても姿勢が悪くなってしまうということもあるかもしれません。
そういった方に関しては、姿勢を正しく保つためにまずは体の体幹を鍛えることが有効です。

腹筋や背筋など背骨を支える筋肉を鍛えることで姿勢が悪くなりにくいようにあらかじめしておき、背骨を常にS字に保てるようにします。
この時、お腹表面の筋肉や肩回りの肩甲骨周りの筋肉ではなく、体幹を含む身体のコアのところの筋肉を鍛えなければいけません。

体幹は目に見えにくい筋肉かもしれませんが、日ごろから鍛えておくことで姿勢が良くなり、スマートな見た目を作っていくことが可能です。
体幹を鍛え、綺麗なS字の背骨を保つよう心がけましょう。

脊椎管狭窄症というのは放っておくと大きな障害を引き起こす一方、姿勢を綺麗に保つという単純な方法で発症を免れることができます。
スマホの見すぎは背骨に対して最も負荷をかけることの一つですので、時間を区切り使用を制限するようにしましょう。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP