ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

病院に行っても治らない腰痛の原因とは何なのか?腰痛の原因と正しい対処法について

女性が悩まされることの多い腰痛。治らない腰痛で苦しんでいる、という方は多いのではないでしょうか。
腰痛には主に2種類があります。画像診断で見ることのできる特異的腰痛と、画像診断でも分からない非特異的腰痛です。

病院に何度も診断に行っているのに原因が分からないままというのは、おそらく腰痛の種類が非特異的腰痛だからだと考えられます。そんな腰痛の原因を知り、正しく治療していくためにはどうすれば良いのでしょうか。

◇特異的腰痛とは?

腰痛の中でも最も有名な「椎間板ヘルニア」は、背骨と背骨の間にある椎間板の変形によって発症する特異的腰痛の一つです。

特異的腰痛とは、このように腰の一部が変形するなど目に見える形での異常が腰痛を引き起こしているという症状なので、CTやMRIなど画像診断の機器を使った検査で原因を特定することができます。

しかし、特異的腰痛が腰痛全体の中に占める割合は15%程度とかなり少なく、腰痛を訴えて病院で検査を行ったとしても、原因がこれと特定される場合というのは全体を見れば少ない方なのです。

◇原因が目に見えない非特異的腰痛

画像診断を行っても異常が分からず、原因が目に見えない腰痛を非特異的腰痛と言います。

多くの方が慢性的に腰痛に悩まされている場合にはおよそこの非特異的腰痛であり、原因が分からず治療が長引くというのが厄介なところです。
この非特異的腰痛の原因は大きく2つにわけることができます。

体幹を含む腰回りの筋肉に痛みを感じて生じる「筋」による腰痛と、椎間板や腰回りの関節などの「骨」が原因で生じる腰痛です。
一般に「筋」による腰痛の場合には、一時的な筋肉の損傷や凝り固まりによって周辺の筋肉が動きにくくなっていることが多く、短期間のストレッチやマッサージによって痛みが和らぐ傾向があります。

一方「骨」による腰痛の場合には、腰を支える椎間板、椎間関節、仙腸関節の3つの骨のどれかが機能不全を起こしてしまっていることが多く、これらは画像診断でも確認できないため厄介です。
それではどのように対処すればよいのかというところでしょうか。

◇腰に正しい形状を思い出させる

これらの「骨」による腰痛の場合にも「筋」による腰痛と同じように、凝り固まりや一時的な損傷による痛みが生じている場合が多く、慢性的な運動不足や悪い姿勢というのが症状を悪化させてしまいます。

そのため、凝り固まりや一時的な損傷によって痛みが生じている腰痛の場合には、適度な運動をしながら良い姿勢を取り戻すように生活することが重要です。
腰が痛むのを怖がって姿勢を伸ばそうとしなかったり、安静を長くとりすぎたりするとこの機能不全というのがますます進み腰は自由を失ってしまいます。

慢性的な腰痛に悩まされているという方は、まずは腰に正しい形状を思い出させるところから始めるようにしましょう。

◇まとめ

病院で確認されない慢性的な腰痛には、悪い姿勢による機能不全というものが考えられます。
そういった場合には、病院での診断を行いながらもできる範囲でご自身の姿勢を正しく戻し、適度に背中の筋肉を使うような運動を心がけるようにしましょう。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP