ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

しびれは治る!諦めないで!原因は椎間板ヘルニアではありません

腰痛や足のしびれを訴えて病院に行った人の中には、腰の部分のレントゲンを撮影してもらって担当の医師から「椎間板ヘルニアですね」と診断された人もいらっしゃることと思います。

最初のうちは痛み止めや湿布、腰の牽引のリハビリなどの処置をしますが、2ヶ月経っても全く改善しないというケースも多くあります。

そういった場合診察を受けると手術を勧められる方が多くいらっしゃいます。

ただ、椎間板ヘルニアの手術をしても、しびれがとれないケースがあることをご存じでしょうか。

実は、しびれの原因がヘルニアではないケースもたくさんあるんですよ。

この記事では椎間板ヘルニアと診断され、治療を進めていてもなかなか良くならないと言った場合に原因が椎間板ヘルニア以外のしびれについてお話をします。

しびれは治る!椎間板ヘルニアとは?

しびれの原因はヘルニアじゃないかも!

まずは椎間板ヘルニアについて理解をしていただきたいと思います。

椎間板ヘルニアという言葉はよく聞かれますが、実際にはどのような疾患のことをいうのでしょうか?

椎間板ヘルニアといった場合、通常は腰椎椎間板ヘルニアのことを指すことがほとんどです。

腰の骨は5つありますが、それらの骨のことを腰椎と言い、腰椎と腰椎の間には椎間板といわれるクッションがあります。

そのクッションが何らかの原因で圧迫され、中から髄核が飛び出したもののことをヘルニアと呼んでいるのです。

飛び出したヘルニアが神経を圧迫することで、腰に痛みが出たり足にしびれが出たりすると説明されています。ところが、ヘルニアが原因で腰痛や足のしびれが出るのは、実はそれほど多くないことが分かっています。

しびれが治る!椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状は「ヘルニア」がある部分で少し変わってきます。

上部腰椎と言われる腰椎の1番から3番にヘルニアがある場合太ももの前の方にしびれや痛みを感じることが多いです。

検査の仕方はうつ伏せになって太ももの前を伸ばすようにストレッチをしますそうすると太ももの前面の痺れが増悪します。

この場合上部腰椎のヘルニアを疑います。

太ももの前面の感覚が左右で違っていたり、太ももを曲げたり上げにくくなったり、膝を伸ばしにくくなります。

一方で下部腰椎と言われる腰椎の3番から5番にヘルニアがある場合太ももの後ろにしびれや痛みを感じることが多いです。

下部腰椎ヘルニアの検査はうえ向きで寝てもらって膝を曲げずにまっすぐ足を上げます。

その時に太ももの裏の方に痺れや痛み画像を開くする場合下部腰椎ヘルニア疑います。

痺れや痛みの他に感覚異常やふくらはぎや足背部や足の裏にしびれが起きたります。

椎間板ヘルニアではないしびれの原因

日本にはたくさんの腰痛持ちの方がいますが、実はそのうちのなんと85%が原因不明とされています。

明らかに椎間板ヘルニアが原因で腰痛が出ている人や、手術が必要な人は腰痛患者さん全体のわずか数%であるといわれています。

それもそのはずで、実際に画像診断の結果ヘルニアが認められていても、痛みやしびれを発症したいない人がたくさんいるのです。

つまり、「椎間板ヘルニア=痛みやしびれではない」ということです。

もしヘルニアによる神経圧迫が原因で痛みやしびれが出ているのであれば、朝から晩まで痛みやしびれが起こっていなければおかしいということになります。

ところが実際は、朝起きたときには痛みやしびれがひどくて、日中になると症状が軽減するというケースが多々みられます。

しびれが治る!椎間板ヘルニアの治療法

では、腰痛や足のしびれがなぜ起こるかというと、そのほとんどが筋緊張であることが分かっています。

足の神経の通り道が筋緊張によって圧迫されると、その先がしびれることとなります。

坐骨神経痛や梨状筋症候群などがその代表的な例ですが、筋肉の緊張を取り除くことによってしびれを改善することが可能です。

そして、整骨院には筋肉の緊張を取り除くスペシャリストがそろっています。

もし病院で「手術をしなければ足のしびれは治りません」といわれた場合、ぜひ一度、当院にご相談ください。

ほとんどの足のしびれは当院の施術によって改善が可能です。

しびれや椎間板ヘルニアに関連する病気

椎間板ヘルニア以外のしびれを起こす代表的な病気に「脊柱管狭窄症」というものがあります。

背骨の真ん中に脊柱管という脊髄が通るトンネルがあります。

脊柱管狭窄症の場合このトンネルの部分が何らかの原因で狭くなって脊髄を圧迫して腰から下の部分にしびれが発生することがあります。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状として間欠性跛行というものがあります。

間欠性跛行とは10分から15分ぐらいはしびれや痛みがなく歩けますが、しばらくすると痛みで歩けなくなってしまいます。

しかし5分程座って休憩するとまた歩けるようになる状態です。

椎間板ヘルニアの場合は歩行に関係なく痺れや痛みが出ますので、脊柱管狭窄症との鑑別診断に有効な症状の一つです。

なかなか改善しない痺れがある場合、「脊柱管狭窄症」と診断されることも多いです。

しかし椎間板ヘルニアと同様に「脊柱管狭窄症」がしびれの原因でないケースも当院では数多くあります。

詳しくは「脊柱管狭窄症」の記事に記載されていますので、参考になさってください。

痛みやしびれの原因はほとんどが筋緊張

追伸

ヘルニアならふくだ整骨院の久保田におまかせください!当院、ふくだ整体院では 私一人で施術に携わらせていただいております。そしてヘルニアをはじめ、毎月多くの患者様に通院していただいております。

その一方で広島市ではまだまだヘルニアの患者様が多く、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、家事が出来ない、歩くのがつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

 

私は、本気でこの状況を変えたいと思っています。

 

「広島のヘルニアの患者様を1人でも多く救いたい」

 

もしも、あなたが

「この痺れと痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痺れや痛みでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時こそ、ふくだ整体院にお越しください。

必ず、あなたの力になれます。
諦めないで欲しい。

ご自身の体は、まだ根本改善できる可能性を秘めています。
一緒に、あなたの体にとことん向き合います。

 

あなたが、ご自身の根本改善の為に勇気を持って一歩踏み出して頂けるなら、その挑戦を私が受け止めます。

私の「根本治療の手技・技術」はそんなあなたの支えになる為のものです。

ふくだ接骨院で私の施術を受けて、あなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

ヘルニアを本気で根本から治したい方はこちらをクリック!

>>ヘルニアを本気で根本から治したいあなたへ

  • ブログ
  • ヘルニア

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP