ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

その腰の痛み、坐骨神経痛かも?坐骨神経痛の原因と症状を徹底解説

多くの人々を悩ましている腰痛。その痛みは非常に辛く、日常生活に影響が出る方もいらっしゃるかと思います。腰痛は様々な原因によって、引き起こされます。今回は、その痛みの一因となっている、「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」の原因と症状について、解説したいと思います。

◇坐骨神経痛とは?

人体には非常に太くて長い末梢神経である、「坐骨神経」が腰から足の爪先まで伸びています。この坐骨神経が刺激を受けたり、圧迫されたりすると、痛みやしびれを起こすことがあります。これが坐骨神経痛です。

 

◇坐骨神経痛の原因は?

原因その1:筋肉が硬くなっている
坐骨神経の周りにある筋肉が硬くなっていると、坐骨神経を圧迫し、痛みやしびれを生じることがあります。この場合は、レントゲンを撮っても異常が見当たらないことがほとんどです。レントゲンには筋肉が映らないことが原因です。

原因その2:腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア
背骨には「椎体」という骨があり、それぞれの椎体の間には、クッションの役割をする「椎間板」があります。椎間板が飛び出して神経を圧迫することで起こるのが、椎間板ヘルニアです。前かがみや中腰などの腰に負担がかかる姿勢を長時間続けることで、発症することがあります。また、重い物を無理して持ち上げようとしたときにも発症することがあります。

原因その3:腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
背骨の中央には、「脊柱管」が存在しています。脊柱管は、脊髄(せきずい)や脊髄につながる神経が通っています。加齢などによって、この脊柱管が狭くなると、神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こします。

原因その4:内臓疲労・内臓疾患
内臓と腰や足の痛みには一見関係がないように思えますが、内臓疲労によって坐骨神経痛が引き起こされることがあります。また、内臓疾患によって内臓が肥大することで、神経が圧迫され、腰や足に痛みを感じることがあります。内臓疾患が原因であることは非常に稀ですが、万が一内臓疾患が原因の場合、命に関わることもあります。体重減少や長引く発熱がある場合は、内臓疾患を疑い受診することをおすすめします。

原因その5:ストレス
ストレスを感じて、交感神経が優位になっている状態が続くと、血流の流れが悪くなり、筋肉が緊張してしまいます。そのため、神経が圧迫されてしまい、腰に痛みを感じることがあります。その痛み自体がストレスになり、それが原因で症状を悪化させてしまう悪循環を引き起こすこともあります。

◇坐骨神経痛の原因の特定は難しい!?

先ほど紹介した原因以外にも、坐骨神経痛が引き起こされることがあります。レントゲンを撮っても、原因不明と判断される場合が多く、特定は難しいとされています。そのため、痛みやしびれの発生状況を明確にし、それに応じた対処をしなければなりません。

◇坐骨神経痛を発症する年齢は?

中高年の方で発症する方は多いですが、10~30代の若い世代の方でも発症する可能性は大いにあります。スポーツや仕事で腰に負担がかかると、特に発症しやすくなります。

◇坐骨神経痛の症状

坐骨神経は、腰から足の爪先まで伸びているため、腰以外の箇所にも症状が出ることがあります。

 

1. 腰やお尻の痛みやしびれを常に感じる
2. 身体を動かすと、腰や足が痛くなる、痛みが強くなる
3. 足が痛くて、歩けなくなる
4. 腰から足にかけて、冷感や灼熱感、だるさがある
5. 足に力が入らない
6. 足の裏の皮膚が厚くなっているように感じる


腰のみに症状を感じることは少なく、足も同時に痛みやしびれなどの異常を感じることがほとんどです。

◇坐骨神経痛を放っておくとどうなる?

我慢できる程度の痛みであるからといって、坐骨神経痛を放置しておくとどうなるのでしょうか。放置していても、基本的には症状の改善にはつながりません。「放っておいたら、勝手に治った」と感じる方もいらっしゃいますが、そのように感じる方の多くが再び足や腰の痛みに悩まされることになります。

◇坐骨神経痛の改善策とは?

〇薬物を使う
痛み止めを使用することで、一時的に痛みを軽減できます。非ステロイド性の消炎鎮痛薬を主に処方されます。しびれがひどい場合には、神経障害性疼痛治療薬を使います。血流改善を目的として、血管拡張薬を用いることもあります。しかし、あくまで一時的であるため、根本的な解決にはつながりません。

〇麻酔薬を注射する
麻酔薬を注射することで、痛みが伝わるのをブロックすることで、改善を図る方法です。こちらも根本的な解決にはならない場合がほとんどです。

〇手術を行う
あまり多くはありませんが、手術によって改善を図ることもあります。椎間板ヘルニアによる場合は、レーザーを用いてヘルニアを引っ込ませる手術があります。ただし、術後に再発するケースもあります。

〇筋トレを行う
筋肉が硬くなっていることで、坐骨神経痛を引き起こしていることもあるので、筋トレをすることが効果的な場合があります。ただし、正しい姿勢による筋トレを行っていなかったり、無理をしすぎたりすることで、逆に悪化させてしまうこともあります。

〇専門の整骨院に行く
根本的な解決を図るためには、その原因を特定する必要があります。そのためには、坐骨神経痛を専門に扱う整骨院を選ぶ必要があります。専門に扱っていない整骨院の場合、その場しのぎの施術しか行わないことが多いからです。しっかりとしたカウンセリングから、原因を究明し、的確な治療を行うことで、長年悩まされてきた腰や足の痛みから解放されます。

◇まとめ

坐骨神経痛は原因を特定できないことが多く、そのために長年悩まされる方が多い症状です。本気で腰や足の痛みやしびれから解放されるためには、その場しのぎの方法ではなく、根本的な原因究明から、治療を始める必要があります。それをやってくれるのは、坐骨神経痛を専門に扱う整骨院です。腰や足の痛みやしびれにお悩みの方は、ぜひ腰の痛みを専門に扱う整体院での改善をご検討ください。
ふくだ整体院では、坐骨神経痛をはじめ、多くの膝や腰の痛みを専門に扱っております。お気軽にお問合せ下さい。

  • ブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP