ふくだ整体院

ユアーズ福田店徒歩1分。
広島東ICから1分。
広島バス「西善寺前」バス停そば。
土・日もお気軽にご相談ください

住 所
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
営業時間
【午前】8:30〜12:00
【午後】14:00〜20:00
定休日
不定休

慢性腰痛がなかなか改善しないなら「骨盤前傾」が原因かも?

腰椎椎間板ヘルニア、慢性腰痛、腰椎分離すべり症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などと診断され、治療を続けていてもなかなか改善しないというケースがあります。

上記のような診断を受けても実際の原因がそれらにないということも多々あります。

アメリカの診療ガイドラインでは変形性腰椎症などは最も意味のない診断名とされています。

他にも椎間板ヘルニアや背骨の歪みが腰痛の原因でないということも明記されています。

その中で日本の腰痛治療はまずレントゲンを撮影し、その際に歪みなどの「異常」が見つかるとそれが腰痛の原因として認識されてしまいます。

つまり本当の原因ではないのにその「異常」に対して治療が進んでしまいます。

だからこそ「なかなか改善しない」という状況が生まれてしまっています。

そんな中で今回は腰痛の原因となり得る「骨盤前傾」についてお話をします 。

慢性腰痛がなかなか改善しない時に考えるべき「骨盤前傾」とは?

腰痛の原因に「骨盤前傾」という状態があります。

これは骨盤がおじぎをしたような状態のことを言います。

太ももの前の筋肉は、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と呼ばれています。

全身の筋肉の中で、最も強くて大きい筋肉でもありますので、あらゆる日常動作やスポーツでも常に力を発揮している筋肉です。

特に速く走る時や、ジャンプする時にもっとも作用します。

「大腿四頭筋」は4つの筋肉の総称になっています。

4つの筋肉とは「大腿直筋」、「外側広筋」、「内側広筋」、「中間広筋」です。

主な作用は「太ももを高く上げる」、「膝を伸ばす」という動作ですので、日常でもっとも酷使されていると言っても過言ではありません。

慢性腰痛の原因「骨盤前傾」を起こす筋肉とは?

大腿四頭筋の4つの筋の中でも「大腿直筋」という筋肉に負荷がかかります。

なぜなら、大腿直筋だけは「太ももを高く上げる」作用と「膝を伸ばす」作用の両方に関わっています。

階段を上る時など太ももをあげて、膝を曲げるという動作を常に行なっています。

常に緊張状態にある筋肉を、そのまま放置すると柔軟性を失ってしまい、こりや痛みなどの原因になってしまいます。

大腿直筋が硬いままに放置すると、骨盤に余計な力が加わったり、股関節の動きが悪くなりますので「腰痛の原因」になります。

大腿直筋は骨盤に起始して大腿骨に停止していますので、骨盤が前方に引っぱられてしまいます。

骨盤の前傾の多くはこの「大腿直筋」が硬くなることで起こってしまいます。

慢性腰痛の原因「骨盤前傾」:なぜ腰痛が起こるのか?

骨盤が前傾してしまうと、それに合わせるように背骨も前傾してしまいます。

前かがみの状態が矯正されてしまいますので、無意識に上半身だけを引きあげようとします。

背筋をまっすぐ伸ばそうとするときに背中の筋肉や腹筋を使います。

「骨盤前傾」することで、常に背筋をまっすぐに伸ばそうをしますので、背中や腰の筋肉が常に緊張しています。

筋肉の緊張が続くと硬くなり、血行不良になり痛みが起こりやすくなります。

結果として腰が痛くなってしまいます。

つまり、太ももの前の大腿四頭筋が硬いせいで、腰痛になってしまうということです。

骨盤前傾は見た目でいうと「反り腰」の状態を言います。

慢性腰痛の原因「骨盤前傾」:対処法は?

「反り腰」の人は、脊中を支えている脊柱起立筋と背骨に直接付着するような深層の筋肉が緊張しています。

腰痛を予防するためには「反り腰」による負担を分散させないといけません。

骨盤の前傾を矯正してもらうために整体院へ通ってもらうのがいいのですが、日常生活でもできる注意がありますので実践してみてください。

まず、座っているときはできるだけ深く座るようにします。

そして背もたれに骨盤をぴったりとつけるように、背筋をまっすぐになるように座ります。

そうすることで骨盤が後ろに傾くようになります。

次に、お腹に力を入れます。

この時に、おへその下の指3本分くらいのところに「丹田」というツボがあります。

そこへ力を入れて、お腹を凹ますように意識をしてください。

骨盤の前傾と反り腰が緩和され、背中の筋肉や腹筋への負担が解消されるので、凝りや違和感から痛みに変わってしまう前に、予防することできます。

立つことや座りっぱなしの作業が多い方は、姿勢を保持する筋肉を意識することが予防の第一歩です。

自宅でストレッチなどをする際の注意すべき点は、腰痛があるときは無理をしないことが大切です。

最初は短い時間でストレッチをして、できれば5回ずつ行います。

徐々に回数と時間を増やしていき、最終的には10回、20回を回数をこなせるようになりましょう。

慢性腰痛の原因「骨盤前傾」:自宅での改善方法の注意すべきこと

続けるうちに姿勢がよくなり、筋肉も鍛えられて、機能的に動くようになりますので腰痛も改善します。

腰痛が改善するとやめてしまう方がいらっしゃいますが、やめてしまうとバランスが崩れている状態に逆戻りしてしまいますので、日課として予防として続けていくことが大事です。

近所の整形外科や整骨院で、電気をつけて、短時間で腰をマッサージしたり、温める、湿布するなどしてもよくならない腰痛であれば骨盤の前傾を疑ってみるべきです。

マッサージをして、その瞬間はよくなったという感覚があるなら、適切な筋肉を緩めることができればもっと速く改善する可能性があると思います。

今日もブログを最後までご覧いただきありがとうございました。

現在、原因不明の腰痛でお悩みのあなたへ

広島市ではまだまだ腰痛の患者様が多く、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

「このままで良いわけがない」
もしも、あなたが

この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう… 
このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう・・

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時は、ふくだ整体院にお越しください。
あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。
私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

ふくだ整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

一緒に痛みのない生活を手に入れましょう!

こちらをクリックしてください

https://fukuda-bone.com

  • 広島の腰痛

お試しキャンペーン
人数限定となります

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

2980

まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

080-4559-1034 080-4559-1034

営業時間 午前8:30〜12:00/午後14:00〜19:30(土日祝は18:00)

ふくだ整体院

住所
〒 732-0029
広島県広島市東区福田1丁目672-1
原野ビル101
アクセス
山陽自動車道「広島東IC」を左折し車で10秒。
広島バス「西善寺前」バス停から徒歩10秒。
代表者
久保田 大貴
電話番号
080-4559-1034 080-4559-1034

土日祝も営業しています!

営業時間
8:30〜12:00

受付時間:11:30まで

14:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

LINE ID
@pji0083y
お友達登録はこちら

PAGETOP